ブログ・相続最前線 遺産相続の弁護士・税理士相談はお任せ下さい|sozoku.com

【都市部の若年層は相続させず?子の方が相続に不安?】相続に関する親子の意識格差[POSTED]:2018-09-03

【都市部の若年層は相続させず?子の方が相続に不安?】相続に関する親子の意識格差

「子孫に美田は残さず」相続に関する親の意識

内閣府が平成22年度 に実施した「高齢者の住宅と生活環境に関する意識調査」では、相続に関連する興味深い統計結果が出ています。
調査は全国の60歳以上の男女3000人に実施していますが、調査項目の1つとして、土地や家屋などの資産をどう利用するかについて聞いています。
<回答A>「資産はできるだけ子孫のために残してやる方がよい」を選択した人の割合は49・5%。
<回答B>「資産は自分の老後を豊かにするために活用(売却、賃貸など)する方がよい」を選択した人の割合が38・2%でした(残りは「分からない」)。
同様の調査は5年前の平成17年度にも実施されていますが、<回答A>は55・0%で、<回答B>は41・8%。
同平成13年度調査においては、<回答A>は65・5%、<回答B>は32・2%でした。
過去3回の結果をみる限り、少なくとも「資産はできるだけ子孫のために残してやる方がよい」と考えている人は減少傾向にあることが分かります。

都市部の若年層は相続させず自分で使う

細かく見れば平成13年度調査では、大都市部に限定すると<回答A>は39・0%に対し、<回答B>の47・7%で、都会の高齢者の方が、資産を自分たちのために活用したいと考える傾向にあるといえそうです。
相続のことはあまり考えていないということでしょうね。
年齢層別にみますと、<回答A>を選んだ人の割合は80~84歳で62・6%、85歳以上で74・2%でしたが、60代になると45%程度にとどまっています。
比較的年齢が低い世代では、相続で子に相続財産を残さない、「美田を子孫に残さず」という意識が高まっている傾向にあるようです。

同居世帯が多いほど相続で残したがる

家族形態別で比較すると、調査対象者が子と孫との3世帯、あるいは子との2世帯で同居している場合は<回答A>の割合が高く、3世帯家族では71・8%、2世帯家族では58・0%に及んでいます。
一方で、調査対象者が配偶者との2人世帯の場合は<回答B>が過半数の51・4%となっています。
子供のいないケースも含まれているとみられますが、やはり子や孫と共に生活しているかどうかで、相続に関する意識は違うようです。
多世帯で暮らす方の方が先祖から相続財産を相続するという意識が高いことは、不思議ではありません。

子の方が相続に対して不安

平成25年に、ある住宅メーカーが7月の第4日曜の「親子の日」にちなみ、相続対策を検討すると予想される親世代・子世代の約300人を対象に「親と子の財産相続に関する意識調査」を実施しています。
その結果、相続について「不安や心配事がある」と答えた人の割合は、親世代が35・4%にとどまったのに対し、子世代が65・2%に上りました。
相続税に対する不安からでしょうか。
遺産分割でもめることの懸念でしょうか。
遺言を書かせないといけないという思いからでしょうか。
意外にも、相続する側の子世代の方が親世代よりも不安感を持っていることが分かります。
親の財産をもらいたいと考えている子もいるでしょう。
相続の情報に接する機会は子の方が多いからとも考えられます。

相続について親子で話し合うことはない

しかしながら、「財産相続のことについて、家族で話し合いをしている」と答えたのは、親世代が24・9%である一方、子世代が18・0%に過ぎませんでした。
不安に思いつつも、親の死を前提とした相続問題は、子の方からは相談をなかなか持ちかけにくい状況があるのかもしれません。
とはいえ、いざ親に何かあったときに、困るのは子の世代です。
せっかくの「親子の日」です。
まだまだ元気でも、遺言を書かないまでも、親世代が自ら進んで相続に対する考えをまとめておく必要があるでしょう。
相続税をきっかけに話をしてもいいと思います。

この記事と
関連性の高いサイトはこちら

遺言の弁護士.com

遺言のことなら『遺言の弁護士.com』

だましうちで遺言を書かせる。財産の不正操作の常とう手段です。遺言無効確認の訴えや、遺留分減殺請求などにより、財産の不正操作と戦います。

不動産相続の弁護士.com

不動産相続のことなら『不動産相続の弁護士.com』

分けられない財産の典型である不動産。不動産の評価について相続人間でモメます。そもそも不動産が相続財産かどうかも問題になります。不動産を独り占めする財産の不正操作と最後まで戦います。

相続税の税理士.com

相続税のことなら『相続税の税理士.com』

生前にどれだけ詳細にシミュレーションすることができたかで、相続税対策は決まります。遺言内容にも影響しますので、多方面からの検討をする意味でも弁護士兼税理士にお任せ下さい。

ページトップへ戻る

この記事の投稿者は以下のページをおすすめしています

https://xn--kbr1jm5ob2gm34a881aqlh.com/

遺産分割の弁護士

ブログ・相続最前線』のその他の記事

【判例と異なる主張をあえて行うことも】少数説であろうと言えることは何でも言う相続弁護士
少数説でも主張可能な相続弁護士 弁護士は比較的フリーハンドで法解釈を主張できる立場にあります。法解釈というのは極端な話、一部の学者が唱える特殊な少数説であっても、主張をすること自体は自由です。主位的主張と予備的主張をし、当初の主位的主張が認められなかった場合の補充的な主張として、主位的主張と矛盾した内容の予備的主張を掲げることも可能です。戦略的に、主位的主張としては奇説に依って立ち、本丸を予備的...
2019-02-17 [相続弁護士の最前線]
【解釈論を争いにくい税理士】通達などで細目まで決まっている相続税務
相続税務における通達制度 税法の世界には、独特の通達制度というものがあります。通達は、本来的には行政部の内部文書のことで、行政機関が所属の組織や職員に対して出す、法令の統一的解釈や事務取扱上の基準を示した文書のことです。通達によって行政がなされることを、「通達行政」といいます。他方で、通達は行政機関内部における指針に過ぎないとはいえ、行政機関がこれに沿って事務を行うことで、事実上新たな義務を課し...
2019-02-15 [相続弁護士の最前線]
【相続税の申告期限を徒過してしまうデメリットも】遺産分割で時には時間を稼ぐ弁護士
遺産分割には締切りがない 弁護士は遺産分割事件を早く解決する責務を負っているといえるでしょう。訴訟経済といって、時間的に合理的な訴訟を行うことが民事訴訟では要請されています。昔の裁判はひどかったと聞きます。趣味や人柄など、事件の本筋と全く関係のない話が延々と続く裁判がたくさんあったようです。今では民事訴訟法も新法が制定されて、迅速な裁判を心がけるようになりました。弁護士の事務所経営の観点からして...
2019-02-13 [相続弁護士の最前線]
【10カ月の期限を過ぎてしまうと、税理士のミスとされるケースも】相続税申告で時間と戦う税理士
10カ月の期限と戦う相続税理士 時間に対する感覚は、税理士のほうが敏感です。相続税の申告期限は相続開始後10カ月以内です。10カ月というとだいぶ余裕があるようにも思えますが、実際にはスケジュールがタイトであることが多いようです。遺言は作成されていたが財産目録は記載されていなかった場合などは、そもそもの相続財産の範囲を確定するための資料を集めることから始めます。土地の評価は現地に行き、役所に行き、...
2019-02-11 [相続弁護士の最前線]
【弁護士の個性が表れる裁判書面】相続で弁護士が作成する書面
非類型的な裁判書面を作成する相続弁護士 弁護士の作成書面は、訴状や準備書面という日本語で書かれたものなので、非類型的なものです。弁護士が100人いれば、100とおりの書面が出来上がります。文章そのものだからこそ個性があるうえ、解釈論について間違っているということは基本的にはないですし、絶対的な正解もありません。文章で書かれているからこそ、裁判官の受け止め方も変わってきます。負け犬の遠吠えと取られ...
2019-02-09 [相続弁護士の最前線]
【プロセスより結果が求められる税理士】相続で税理士が作成する書面
相続税申告書を作成する相続税理士 税理士が作成する申告書の重要部分は、ボックスに囲まれた数字の部分です。補助的に文章を添付することはありますが、申告書はとどのつまり、数字が重要です。作成する申告書の項目は定型的に決まっています。このような申告書を作成することが、税理士の業務です。相続税の申告書は、第1表から第15表まであります。記載の手順も、第1表から順に記載していけばよいというものではなく、必...
2019-02-07 [相続弁護士の最前線]
【紛争解決が弁護士業務の中心】事前対策に限界がある相続弁護士
相続税の相談を受け付けない相続弁護士 弁護士は相続税に関して、「わからないので税理士に確認してほしい」と言って相続税に関する依頼者からの相談を取り扱わないのが現状です。本来、弁護士は「当然、弁理士及び税理士の事務を行うことができる」(弁護士法3条2項)わけですから、税理士業務を行ってもよいと思われるのですが、努力不足の弁護士が多いのでしょうか。もともと弁護士は紛争解決が専門です。弁護士はモメ事し...
2019-02-05 [相続弁護士の最前線]
【弁護士と税理士ではモメるリスクに対する温度感が異なる】事前対策こそが要である相続税理士
モメるリスクに対して楽観的な相続税理士 モメ事になると税理士は関与できなくなります。税理士はモメ事に対して、好ましい事態ではないと判断するようです。税理士主導で作成された遺産分割案で合意がなされることはありますが、実際にモメた場合には、モメ事解決の中身については関与しません。税理士にとって、取扱業務の中にモメ事が含まれることはなく、モメ事は非常事態です。めったに起きないことですから、モメ事が起き...
2019-02-03 [相続弁護士の最前線]
【弁護士業務の最適解は一義的ではない】プロセス重視の相続弁護士 
弁護士の仕事の本質 敗訴してしまった事件でも、「弁護士先生が一生懸命に頑張ってくれたから満足しています」と言ってもらえる事件もあります。刑事事件での経験です。連続強制わいせつ事件で、ある医師が逮捕されました。医師免許を持っていたために、医師免許を死守することが家族の望みでした。被害者が何人もいたので、示談をしても追いつかない。立証が難しいと思われた事件まで追起訴になりました。立件された事件のうち...
2019-02-01 [相続弁護士の最前線]
【税理士は数字に着目して評価される】相続税理士に一番求められるもの
相続税申告において依頼者が考える最適解 依頼者が税理士に一番求めることは、おそらくは最適解である最終的な数字を正しく速やかに出すことではないでしょうか。依頼者の立場から考える最適解は、「誰が、どの財産を、どのように相続すると節税効果が最大になるか」でしょう。もちろん、税務申告はそんなに単純なものではありません。唯一絶対の最適解が存在するわけではなく、税理士によって考え方が異なります。広大地評価が...
2019-01-30 [相続弁護士の最前線]
ページトップへ戻る
他にはないサービス。無料相談は原則、受け付けません。

無料相談を掲げる法律事務所とは一線を画し、価格競争には参加せず、報酬に見合う良質なサービスを提供しています。他の弁護士事務所にできないミッションを達成し、紛争解決に集中してリソースを割くために、相談対象を紛争性がある相続事件に限定しています。
「内容証明が届いた」「対立当事者に弁護士が就いた」「調停・裁判中」「調停・裁判目前」「弁護士を替えることを検討中」など、紛争性が顕在化している方は電話相談(初回15分)・メール相談(1往復のみ)・土日夜間の電話相談(初回15分)で対応します。

『相続税を納める必要があり、かつ遺産分割でもめている方』は相談無料

来所ビデオ通話電話・メール・土日夜間
相続税の納税義務があり、
かつ遺産分割でもめている事件
無 料1時間:62,000円税別電話:初回15分
メール:初回1往復
土日夜間:初回15分
無 料
内容証明が届いた事件1時間:12,000円税別
※来所困難な方に限り、
1時間30,000円税別にて
電話相談に応じます。
対立当事者に弁護士が就いた事件
調停・裁判中、調停・裁判目前の事件
弁護士を替えることを検討中の事件
その他、紛争性がある事件
(潜在的なものも含めて)
非対応
税務に関する法律相談1時間:50,000円~税別1時間:100,000円~税別
国際法務・国際税務に関する法律相談1時間:100,000円~税別1時間:150,000円~税別
来所ビデオ通話電話・メール・土日夜間
内容証明が届いた事件1時間:
12,000円(税別)
※来所困難な方に限り、1時間30,000円(税別)にて電話相談に応じます。
電話:初回15分
メール:初回1往復
土日夜間:初回15分
無 料
対立当事者に弁護士が就いた事件
調停・裁判中、調停・裁判目前の事件
弁護士を替えることを検討中の事件
その他、紛争性がある事件
(潜在的なものも含めて)
非対応
税務に関する法律相談1時間:
50,000円~(税別)
国際法務・国際税務に関する法律相談1時間:
100,000円~(税別)
来所予約・お問い合わせ
03-5532-11129:00~19:00 土日祝日除く※お電話又は予約フォームにて法律相談のご予約をお取り下さい。
※小さなお子様の同伴はご遠慮ください。