ブログ・相続最前線 遺産相続の弁護士・税理士相談はお任せ下さい|sozoku.com

【株式評価は納税者にとって有利に調整】相続税における株式の評価[POSTED]:2018-10-04

【株式評価は納税者にとって有利に調整】相続税における株式の評価

上場株式の相続税評価額

株式の相続税評価額も被相続人が亡くなったまさにその日の価額ではなく、納税者に有利な方向で調整されています。
株式には上場株式と非上場株式がありますが、株式の評価方法は上場しているかどうかにより違いが生じます。
東京証券取引所などの市場に登録されていて、取引ができる株式である上場株式は、原則として、相続が開始された日、すなわち被相続人が亡くなった日の終値で評価することになります。
もっとも、この終値は、経済情勢や政界情勢によって大きく左右されることもありますから、終値だけで判断するのは不合理ともいえます。
というのも、被相続人が亡くなったまさにその日に、大震災が発生したり国政選挙が行われたりして、大きく株価が変動することもあるからです。
そこで、次の4つの価額のうち、最も低い価額で評価することになっています。
①相続開始があった日の終値
②相続開始があった月の終値の月間平均額
③相続開始があった月の前月の終値の月間平均額
④相続開始があった月の前々月の終値の月間平均額
これらの価額のうち、最も低い価額で評価されるわけですから、原則である相続が開始された日の終値よりも低い価額が相続税評価額となることもあるのです。上場株式については、原則どおりに評価した場合に比べて、納税者に有利な方向で調整されているといえるでしょう。

非上場株式の相続税評価額

非上場株式については、会社の規模や株主の態様、資産構成などに応じて、次のような方法によって評価することになります。
①類似業種比準方式
②純資産価額方式
③①と②の併用方式
④配当還元方式
画一的に相続開始時の終値を相続税評価額とするのではなく、各会社の状況に合わせて相続税評価額を決めている点で、納税者に有利な方向で調整されているともいえるでしょう。
一般的には、①類似業種比準方式は大規模な評価会社の同族株主が株式を取得する場合に、②純資産価額方式は小会社である評価会社の同族株主が株式を取得する場合に、③類似業種比準方式と純資産価額方式の併用方式は中会社である評価会社の同族株主が株式を取得する場合に、④配当還元方式は同族株主以外の株主が株式を取得する場合に用いられます。
このように、株式を相続する場合、評価の基準時は画一的に定められている現金や預貯金を相続する場合に比べて、納税者に有利な方向で調整されているといえます。

この記事と
関連性の高いサイトはこちら

事業承継の弁護士.com

事業承継のことなら『事業承継の弁護士.com』

同族会社の内部紛争や支配権争いでお悩みの方のお手伝いをします。事業を営む方の相続問題は通常の相続以上に複雑です。会社の支配権を勝ちとり、事業を守り抜きます。

相続税の税理士.com

相続税のことなら『相続税の税理士.com』

生前にどれだけ詳細にシミュレーションすることができたかで、相続税対策は決まります。遺言内容にも影響しますので、多方面からの検討をする意味でも弁護士兼税理士にお任せ下さい。

ページトップへ戻る

ブログ・相続最前線』のその他の記事

【遺産分割では時価評価が原則】相続税申告における不動産評価額を遺産分割において使用すべきでない理由
相続税申告と遺産分割で大きく異なる不動産評価 相続税の納税申告が必要となる場合は、専門家による真っ当な評価として一人歩きしがちなのが、不動産評価です。不動産の評価額は相続税の納税と遺産分割とで大きく異なります。相続税の申告においては、相続発生時における路線価や固定資産税評価額を基準に不動産を評価します。一方、遺産分割においては、遺産分割時における時価を基準に不動産を評価します。路線価は時価の8割...
2018-12-15 [相続弁護士の最前線]
【相続人にとって有利にも不利にも働き得るので注意】遺産分割で相続税の申告・納付用に作成した財産目録を使用すべきではない理…
税理士作成の財産目録には注意が必要 法律相談の際に財産目録を持参される依頼者は多いです。1時間程度の限られた相談時間を有効に使って有益なアドバイスをするために、事前に資料などがあれば持参してもらうようにしています。相続関係図や財産目録、ほかの相続人とのコミュニケーションの記録などを持参してもらうと、事案が整理しやすいといえます。これらの資料を参照することで事案の整理には大変助かるのですが、財産目...
2018-12-13 [相続弁護士の最前線]
【相続においては二元的な視点が必要】相続税申告と遺産分割の違い
相続財産の評価時点の違い 相続税の申告と遺産分割では、いろいろな違いがあります。相続税は相続発生時の相続財産の価格を基準としますが、遺産分割では遺産分割が成立した時を基準とします。遺産分割には期限がありませんので、相続開始時点と財産額の評価がかけ離れていることもあるでしょう。中には明治時代から未分割のままになっている不動産もあります。物価変動もある以上、相続財産の評価は、遺産分割成立時点としない...
2018-12-11 [相続弁護士の最前線]
【最終的には裁判で争うことになる名義預金】遺産分割では名義預金の所有権が問題
遺産分割においては相続税申告と統一的に考えない 名義預金の問題はそれだけで紙幅を要しますが、相続税申告において贈与の成立が否認される名義預金でも、遺産分割において贈与税と統一的に考えるとは限りません。相続税の税務調査において名義預金性が認定されたとしても、遺産分割においてなお贈与を主張したり、独自の財産であることを主張したりすることは何らおかしなことではないのです。法の二元性ということなのですが...
2018-12-09 [相続弁護士の最前線]
【知らずに登記すると贈与税がかかるケースも】遺産分割において預金以外にもある名義財産
遺産分割で問題となる名義財産 名義財産というと、名義預金を思い浮かべる方が多いでしょう。しかし、名義預金と同じ問題は、株式や不動産にも存在します。お金の出どころが株式の名義人と異なる名義株。同じくお金の出どころが不動産登記簿上の名義人と異なる名義不動産。表現資産と呼ばれるこれらの登録が可能な財産以外でも、名義が問題にならない動産のような財産においてもリスクが存在します。現に遺産分割においては問題...
2018-12-07 [相続弁護士の最前線]
【贈与が認定された場合に問題となるポイント】名義預金は相続税の税務調査の中心
相続税の税務調査で中心的課題となる名義預金 名義預金が実際に問題になるのは、税務調査の時です。表現資産と呼ばれる不動産と異なり、不表現資産と呼ばれる預金は、税務調査の中心的議題になるといわれています。この預金の調査において、名義預金であるとの認定がなされることにより、贈与が否定されるのです。税務調査においては、贈与であることを認定してもらえないことがあります。もっとも実際には、7年以上前の行為に...
2018-12-05 [相続弁護士の最前線]
【名義財産と認定されないためには】遺産分割と相続税における名義預金に対する考え方
相続において名義財産として問題となる財産 依頼者の中には、名義預金について聞いたことがないという方もいらっしゃいます。実態と名義のズレが存在する財産が名義財産と呼ばれ、具体的には預金、不動産、株式が問題になります。というのも、名義財産という以上は名義があることが前提で、物の中で名前が書いてある財産の代表が、これらの財産であるからです。他にも、自動車が問題になることもあります。自動車については登録...
2018-12-03 [相続弁護士の最前線]
【裁判で争う際には証拠が必要】遺産分割における贈与(特別受益)
相続人間の不公平を調整する特別受益 遺産分割において贈与は、誰が、どのような目的で、いくらもらったのかという点について分析的に見ることが大切となるのです。というのも、相続人間では扶養義務が問題になることから、お金のやり取りがある程度発生することが織り込み済みであるといえ、法が想定する以上のお金のやり取りがあった場合に初めて、相続人間で不公平を調整することになっているからです。つまり、相続人が被相...
2018-12-01 [相続弁護士の最前線]
【「社会通念上相当」かどうかがポイント】贈与税の課税対象外の贈与 
教育資金の一括贈与や結婚出産資金の特例を利用するメリット 教育資金の一括贈与や結婚出産資金の特例という制度を活用して贈与した場合、それらを前払いで一括して渡しても、これらの制度を利用することで贈与税を非課税にすることができます。もっとも、これらの制度を利用したからといって、必ずしもすべてが非課税になるわけではありません。一定期間に使い切ることができなかった場合には、贈与税や相続税がかかることにな...
2018-11-29 [相続弁護士の最前線]
【贈与税がかからない贈与もあるのか】贈与税がかかるケースとは
生活費の援助には贈与税がかからない 生活費の援助としてなされた場合は、そもそも贈与税の対象になりません。子どもや孫の教育費の贈与も同様です。信託銀行などが教育資金の一括贈与に関する商品を売り出していますが、教育資金はもともと贈与税を支払わずに渡せるものですから、贈与税回避が目的であれば、子どもや孫に教育費を渡す際にわざわざ教育資金の一括贈与の制度を利用する必要はありません。 「社会通念上相当」...
2018-11-27 [相続弁護士の最前線]
ページトップへ戻る
他にはないサービス。無料相談は原則、受け付けません。

無料相談を掲げる法律事務所とは一線を画し、価格競争には参加せず、報酬に見合う良質なサービスを提供しています。他の弁護士事務所にできないミッションを達成し、紛争解決に集中してリソースを割くために、相談対象を紛争性がある相続事件に限定しています。
「内容証明が届いた」「対立当事者に弁護士が就いた」「調停・裁判中」「調停・裁判目前」「弁護士を替えることを検討中」など、紛争性が顕在化している方は電話相談(初回15分)・メール相談(1往復のみ)・土日夜間の電話相談(初回15分)で対応します。

『相続税を納める必要があり、かつ遺産分割でもめている方』は相談無料

来所ビデオ通話電話・メール・土日夜間
相続税の納税義務があり、
かつ遺産分割でもめている事件
無 料1時間:62,000円税別電話:初回15分
メール:初回1往復
土日夜間:初回15分
無 料
内容証明が届いた事件1時間:12,000円税別
※来所困難な方に限り、
1時間30,000円税別にて
電話相談に応じます。
対立当事者に弁護士が就いた事件
調停・裁判中、調停・裁判目前の事件
弁護士を替えることを検討中の事件
その他、紛争性がある事件
(潜在的なものも含めて)
非対応
税務に関する法律相談1時間:50,000円~税別1時間:100,000円~税別
国際法務・国際税務に関する法律相談1時間:100,000円~税別1時間:150,000円~税別
来所ビデオ通話電話・メール・土日夜間
内容証明が届いた事件1時間:
12,000円(税別)
※来所困難な方に限り、1時間30,000円(税別)にて電話相談に応じます。
電話:初回15分
メール:初回1往復
土日夜間:初回15分
無 料
対立当事者に弁護士が就いた事件
調停・裁判中、調停・裁判目前の事件
弁護士を替えることを検討中の事件
その他、紛争性がある事件
(潜在的なものも含めて)
非対応
税務に関する法律相談1時間:
50,000円~(税別)
国際法務・国際税務に関する法律相談1時間:
100,000円~(税別)
来所予約・お問い合わせ
03-5532-11129:00~19:00 土日祝日除く※お電話又は予約フォームにて法律相談のご予約をお取り下さい。
※小さなお子様の同伴はご遠慮ください。