相続専門の強みブログ・相続最前線 遺産相続の弁護士・税理士相談はお任せ下さい|sozoku.com

【分けられずにもめる不動産】不動産分割・評価争い

【分けられずにもめる不動産】不動産分割・評価争い
不動産相続についての特集サイトはこちら
不動産相続の弁護士.com
[運営]:nagatacho group

分けられずにモメる

1「財産は自宅だけ」でモメる

分けられない財産、分けにくい財産の代表格が不動産です。
不動産を売り払って、お金を分けることもできますが、自分が育った実家などの場合には思い入れがあり、そう簡単には売却できないこともあります。

2相続財産の半分を占める不動産

相続財産に占める不動産の割合は、約半分を占めます。
相続財産をどう分割するかはすなわち、不動産をどう分割するかの問題であるといえます。

3分けるべきではない財産

事業用財産も取り扱いが難しく分けられない財産、分けにくい財産といえます。
事業を継続させるには事業を引き継ぐ後継者に一切を相続させる必要があります。

4不動産の遺産分割のポイント

不動産に相続人の誰が住んでいるかによってまず不動産の所有権の帰趨が決まってきます。
①現物分割:相続財産を現物の財産そのままの形で分割する方法
②代償分割:特定の相続人が財産を相続する代わりに、他の相続人に金銭などを支払うなどして過不足を調整する分割方法。代償金を支払う相続人の支払能力の有無が問題となる。
③換価分割:不動産などの相続財産を売却して現金化し、その現金を相続人で分割する方法。
その不動産に住んでいた人がいる場合に売却すると問題となる。
④共有分割:1つの不動産を「持分」という割合で複数の共有者が持ち合う方法。自由に処分できないなど、問題点が多いことから、共有分割は避けるべき。

評価額でモメる

1不動産評価は遺産分割の山場

不動産の評価は、遺産分割の中でも特に重要な協議事項です。

2どのように不動産を評価するのか

不動産の評価基準は1つではありません。どの方法をとるかでモメる可能性があります。

相続財産かどうかでモメる

1どのような財産を相続するか

相続財産とは、相続開始時(被相続人の死亡時)に被相続人が所有している財産をいいます。
不動産や預貯金のように名前がついていれば、簡単に誰のものか判断ができますが、名前が付いていない場合、自分のものだと言って取り合いになることがあります。
名前がついている場合であっても、争いが生じる場合があります。

2名義と実態のズレ

(1)名義は父親だが、長男が出捐

法律では、形式的な名義よりも、お金を実際に出した人が所有者であると考えます。
ただし、上記の場合も実際にお金を出した人がお金を出した事実を証明できないと、そのまま名義人の所有のモノとされます。

(2)相続登記未了

遺産分割が済んでいても、不動産登記を後回しにしておくと、いろいろな問題を生じます。
相続登記を行うために遺産分割協議書が必要なため、遺産分割が整っていたにもかかわらず、遺産分割協議書が存在しない場合は、歴代の相続人をたどって改めて遺産分割協議書を作成する必要があります。

ブログ・相続最前線 -不動産相続編

ページトップへ戻る

他にはないサービス。無料相談は原則、受け付けません。

無料相談を掲げる法律事務所とは一線を画し、価格競争には参加せず、報酬に見合う良質なサービスを提供しています。他の弁護士事務所にできないミッションを達成し、紛争解決に集中してリソースを割くために、相談対象を紛争性がある相続事件に限定しています。
「内容証明が届いた」「対立当事者に弁護士が就いた」「調停・裁判中」「調停・裁判目前」「弁護士を替えることを検討中」など、紛争性が顕在化している方は電話相談(初回15分)・メール相談(1往復のみ)・土日夜間の電話相談(初回15分)で対応します。

『相続税を納める必要があり、かつ遺産分割でもめている方』は相談無料

来所ビデオ通話電話・メール・土日夜間
相続税の納税義務があり、
かつ遺産分割でもめている事件
無 料1時間:62,000円税別電話:初回15分
メール:初回1往復
土日夜間:初回15分
無 料
内容証明が届いた事件1時間:12,000円税別
※来所困難な方に限り、
1時間30,000円税別にて
電話相談に応じます。
対立当事者に弁護士が就いた事件
調停・裁判中、調停・裁判目前の事件
弁護士を替えることを検討中の事件
その他、紛争性がある事件
(潜在的なものも含めて)
非対応
税務に関する法律相談1時間:50,000円~税別1時間:100,000円~税別
国際法務・国際税務に関する法律相談1時間:100,000円~税別1時間:150,000円~税別
来所ビデオ通話電話・メール・土日夜間
内容証明が届いた事件1時間:
12,000円(税別)
※来所困難な方に限り、1時間30,000円(税別)にて電話相談に応じます。
電話:初回15分
メール:初回1往復
土日夜間:初回15分
無 料
対立当事者に弁護士が就いた事件
調停・裁判中、調停・裁判目前の事件
弁護士を替えることを検討中の事件
その他、紛争性がある事件
(潜在的なものも含めて)
非対応
税務に関する法律相談1時間:
50,000円~(税別)
国際法務・国際税務に関する法律相談1時間:
100,000円~(税別)
来所予約・お問い合わせ
03-5532-11129:00~19:00 土日祝日除く※お電話又は予約フォームにて法律相談のご予約をお取り下さい。
※小さなお子様の同伴はご遠慮ください。