相続専門の強みブログ・相続最前線 遺産相続の弁護士・税理士相談はお任せ下さい|sozoku.com

【遺言無効確認訴訟をどのように戦うべきか】遺言無効確認・遺留分

【遺言無効確認訴訟をどのように戦うべきか】遺言無効確認・遺留分
遺言についての特集サイトはこちら
遺言の弁護士.com
[運営]:nagatacho group

遺言無効確認訴訟

1不当な遺言が作成される実態

  • ①隠蔽のために遺言を書かせる
  • ②懐柔して自分に有利な遺言を書かせる
  • ③「公正証書遺言だから無効なはずがない」という言い分

2不当な遺言を無効にする

(1)遺言無効確認訴訟

遺言が無効であることを主張するには、遺言無効確認訴訟を提起します。

(2)遺言能力を争う
ア 認知症とは似て非なるもの

遺言を作成するには遺言能力があることが必要です。
遺言能力は法律上の概念で、医師が判断することではありません。

イ 遺言能力の判断基準
  • ①遺言時における遺言者の精神上の障害の存否、内容及び程度
  • ②遺言内容の複雑性
  • ③遺言作成の動機・理由、遺言者と相続人又は受遺者との人的関係・交際状況、遺言作成
  • に至る経緯等
(3)証拠収集が勝敗を決するポイント

遺留分減殺請求

1遺留分減殺請求と遺言無効確認訴訟との関係

多くの場合、遺留分減殺請求は遺言無効確認訴訟と同じ場面で主張されます。

2遺留分だけは死守する

遺留分減殺請求の意思表示は、期限内に内容証明で送付するのが鉄則です。

3相続財産の範囲の確定が先決

相続財産の範囲が争われている事件では、遺産の範囲確定訴訟が先行することもあります。

4遺留分に関する紛争の解決手続き

まずは調停を申し立て、調停が不成立に終わった場合にはじめて、相続開始時における被相続人の普通裁判籍所在地の地方裁判所または簡易裁判所に訴訟を提起することになります。

5遺留分減殺請求にあたっての仮処分

対象となる財産の処分禁止の仮処分の利用を検討します。

6遺産の確定が未了の場合の遺留分減殺請求

訴訟提起時において正確な具体的遺留分額を把握することが難しい場合、訴状にはひとまずの遺留分割合や遺産評価額をもとにして計算した具体的遺留分額を算定して計算し、訴訟係属中に遺産の内容や評価額が明らかになった時点で請求の趣旨を変更することも検討します。

遺言執行者解任の申し立て

1遺言執行者の解任の必要性

受益相続人が遺言執行者に指定されている場合や遺言執行者が不適切な行動をとっている場合は、遺言執行者を解任することを検討する必要があります。

2遺言執行者の解任理由

  • ①遺言執行者が任務を怠ったとき
  • または
  • ②解任について正当な事由があるとき

3遺言執行者の解任手続き

家庭裁判所に対して遺言執行者の解任を請求し、家庭裁判所は解任事由の有無について調査し、遺言執行者本人の陳述を聞いたうえで解任の可否を判断します。

ブログ・相続最前線 -遺言編

ページトップへ戻る

他にはないサービス。無料相談は原則、受け付けません。

無料相談を掲げる法律事務所とは一線を画し、価格競争には参加せず、報酬に見合う良質なサービスを提供しています。他の弁護士事務所にできないミッションを達成し、紛争解決に集中してリソースを割くために、相談対象を紛争性がある相続事件に限定しています。
「内容証明が届いた」「対立当事者に弁護士が就いた」「調停・裁判中」「調停・裁判目前」「弁護士を替えることを検討中」など、紛争性が顕在化している方は電話相談(初回15分)・メール相談(1往復のみ)・土日夜間の電話相談(初回15分)で対応します。

『相続税を納める必要があり、かつ遺産分割でもめている方』は相談無料

来所ビデオ通話電話・メール・土日夜間
相続税の納税義務があり、
かつ遺産分割でもめている事件
無 料1時間:62,000円税別電話:初回15分
メール:初回1往復
土日夜間:初回15分
無 料
内容証明が届いた事件1時間:12,000円税別
※来所困難な方に限り、
1時間30,000円税別にて
電話相談に応じます。
対立当事者に弁護士が就いた事件
調停・裁判中、調停・裁判目前の事件
弁護士を替えることを検討中の事件
その他、紛争性がある事件
(潜在的なものも含めて)
非対応
税務に関する法律相談1時間:50,000円~税別1時間:100,000円~税別
国際法務・国際税務に関する法律相談1時間:100,000円~税別1時間:150,000円~税別
来所ビデオ通話電話・メール・土日夜間
内容証明が届いた事件1時間:
12,000円(税別)
※来所困難な方に限り、1時間30,000円(税別)にて電話相談に応じます。
電話:初回15分
メール:初回1往復
土日夜間:初回15分
無 料
対立当事者に弁護士が就いた事件
調停・裁判中、調停・裁判目前の事件
弁護士を替えることを検討中の事件
その他、紛争性がある事件
(潜在的なものも含めて)
非対応
税務に関する法律相談1時間:
50,000円~(税別)
国際法務・国際税務に関する法律相談1時間:
100,000円~(税別)
来所予約・お問い合わせ
03-5532-11129:00~19:00 土日祝日除く※お電話又は予約フォームにて法律相談のご予約をお取り下さい。
※小さなお子様の同伴はご遠慮ください。