遺産相続弁護士の事件簿 -相続がモメる理由 [7件]sozoku.com

遺産相続でトラブルに
遺産相続でトラブルに遺産相続弁護士の事件簿 「うちは、親子兄弟の仲がいいから大丈夫」 遺産相続の話をすると、こういって安心している人がいます。しかし、人ごとではありません。これまでは仲良く連絡を取り合っていた兄弟でも、遺産相続の話し合いを始めた途端、互いにいがみ合い、連絡すら取りたくないという状態になることもあります。遺産相続の話し合いを進める必要があるので、長男が意を決して連絡してみたものの、次男がその連絡を無視していると、話し合いは膠着状態に陥ります。そもそも相続人の連絡先を知らないとい...
2017-11-17 [相続がモメる理由]
1章 遺産相続がもめるには、理由がある
人はお金で変わる1章 遺産相続がもめるには、理由がある 「お金じゃないんです。はっきりさせたいだけなんです」 遺産相続のトラブルでは、最初に誰もがこのように言います。「財産の全額をはっきりさせて、その上で納得できれば、金額なんて気にしません。別にお金にこだわっているわけではありません」 身内で遺産相続の問題を抱えている40代半ばくらいの男性のケース あまり欲は深そうではない方で、物わかりがよさそうな方です。しかし、その印象は遺産分割が進展するにつれ...
2017-11-17 [相続がモメる理由]
2章 親が生きているうちの行動に気をつける
特別受益のケース2章 親が生きているうちの行動に気をつける 遺産相続でモメるポイントとして、「親が生きているうちの行動」が挙げられます。 43歳で長男、都内に家庭を持ち、母親は亡き父が残した都内の一軒家で一人暮らしをしていたAさんのケース 弟が一人いて、弟もまた首都圏に住み、実家からは離れて家庭をもっていました。母親が71歳で他界。遺産として貯金と実家の土地建物だけが残されました。Aさんは相続の際、母親が住んでいた実家に自分が住み、貯金を弟に渡そうとしました...
2017-11-17 [相続がモメる理由]
3章 「分割しずらい財産」は遺産相続でモメる危険アリ
「分けられない」からモメる3章 「分割しずらい財産」は遺産相続でモメる危険アリ 遺産相続でモメるポイントとして、「分けられない財産」が挙げられます。 預貯金や現金は、遺留分や寄与分の問題があっても、最終的に「分けられる」財産です。一方、指輪や絵画などはどうでしょうか。二つに分けることなどできません。10万円の札束は2人で分けることができますが、10万円の指輪を2人で分けることはできないのです。分けられない以上、物そのものの分け方は「0」か「100」かになります。あるい...
2017-11-17 [相続がモメる理由]
4章 相続は全員一致ルール
相続は全員一致ルール4章 相続は全員一致ルール 遺産相続でモメるポイントとして、「トラブルメーカーの存在」が挙げられます。 遺産相続における遺産分割協議の成立要件は「全員一致」です。この「全員一致」は言葉にするのは簡単ですが、実際やるとなるとモメるポイントなのです。とはいえ、いい大人ですから、ある程度譲歩したり、あるいは「多少損してでもモメたくない」と諦める人がいたり、そもそも「身内でモメたくない」と妥協する人がいたりで、「全員一致」がとれる場合もあります。しかしなが...
2017-11-17 [相続がモメる理由]
5章 遺産相続の意外な落とし穴
遺産相続には落とし穴がいっぱい5章 遺産相続の意外な落とし穴 遺産相続でモメるポイントとしては、①親が生きているうちの行動 ②分けられない財産 ③トラブルメーカーの存在が挙げられます。 このほかにも意外にモメるポイントはあります。遺産相続で実際によくありがちな「落とし穴」というべきケースをいくつかご紹介していきましょう。 子どもがいない5章 遺産相続の意外な落とし穴 相続は、「相を続く」と書きます。 「人相」「手相」などの言葉...
2017-11-17 [相続がモメる理由]
6章 遺言書作成&相続税対策を弁護士に相談
モメる遺産相続の防ぎ方6章 遺言書作成&相続税対策を弁護士に相談 遺産相続における遺産分割は身近な問題です。 家族関係が話に絡むので、自分の問題に置き換えて考えることができ、身近で分かりやすい問題であるといえます。しかし遺産分割は同時に、家族内のモメごとというマイナスイメージでとらえられます。家族内でのモメごとはほかに、離婚が思い浮かびます。家族間でモメて、財産を巡って争い、調停が用いられるなど、共通点は少なくありません。しかし遺産分割は一般的に、モメたときのダメージ...
2017-11-17 [相続がモメる理由]
ページトップへ戻る
他にはないサービス。無料相談は原則、受け付けません。

無料相談を掲げる法律事務所とは一線を画し、価格競争には参加せず、報酬に見合う良質なサービスを提供しています。他の弁護士事務所にできないミッションを達成し、紛争解決に集中してリソースを割くために、相談対象を紛争性がある相続事件に限定しています。
「内容証明が届いた」「対立当事者に弁護士が就いた」「調停・裁判中」「調停・裁判目前」「弁護士を替えることを検討中」など、紛争性が顕在化している方は電話相談(初回15分)・メール相談(1往復のみ)・土日夜間の電話相談(初回15分)で対応します。

『相続税を納める必要があり、かつ遺産分割でもめている方』は相談無料

来所ビデオ通話電話・メール・土日夜間
相続税の納税義務があり、
かつ遺産分割でもめている事件
無 料1時間:62,000円税別電話:初回15分
メール:初回1往復
土日夜間:初回15分
無 料
内容証明が届いた事件1時間:12,000円税別
※来所困難な方に限り、
1時間30,000円税別にて
電話相談に応じます。
対立当事者に弁護士が就いた事件
調停・裁判中、調停・裁判目前の事件
弁護士を替えることを検討中の事件
その他、紛争性がある事件
(潜在的なものも含めて)
非対応
税務に関する法律相談1時間:50,000円~税別1時間:100,000円~税別
国際法務・国際税務に関する法律相談1時間:100,000円~税別1時間:150,000円~税別
来所ビデオ通話電話・メール・土日夜間
内容証明が届いた事件1時間:
12,000円(税別)
※来所困難な方に限り、1時間30,000円(税別)にて電話相談に応じます。
電話:初回15分
メール:初回1往復
土日夜間:初回15分
無 料
対立当事者に弁護士が就いた事件
調停・裁判中、調停・裁判目前の事件
弁護士を替えることを検討中の事件
その他、紛争性がある事件
(潜在的なものも含めて)
非対応
税務に関する法律相談1時間:
50,000円~(税別)
国際法務・国際税務に関する法律相談1時間:
100,000円~(税別)
来所予約・お問い合わせ
03-5532-11129:00~19:00 土日祝日除く※お電話又は予約フォームにて法律相談のご予約をお取り下さい。
※小さなお子様の同伴はご遠慮ください。