葬儀について知る 遺産相続の弁護士・税理士相談はお任せ下さい|sozoku.com

    [CATEGORY]:葬儀について知る

リビングトラスト[POSTED]:2017-11-23

リビングトラスト

リビングトラストとは

日本語で「生前信託」と呼ばれ、生きているうちに財産の名義を家族などに移す制度のことを言います。日本では、故人の意思を反映した相続を行うためには、「遺言」による方法しかないのに対し、アメリカの場合は、遺言に加えてリビングトラストという制度を利用することができます。リビングトラストが遺言と違う点は、裁判所の検認の手続きが不要なことです。日本の場合、遺言書が公正証書遺言でない限り、遺言書の保全のため裁判所の検認を受ける必要があります。

同様の手続きがアメリカでも行われており、訴訟国家アメリカではさらに厳格な手続(プロベードといわれる裁判)によって行われます。戸籍制度がないアメリカでは、相続が発生すると遺言があってもなくても裁判所で手続を行わなくていけません。これにはコストも時間もかかり、また裁判所等が関与することで内情が外に出てしまうというデメリットがあります。

しかし、リビングトラストの場合は、既に財産の名義が移転しているため、財産は遺言者のものではないと考えられ、プロべード手続を経ないで相続が進められます。裁判所の手続きが不要で遺産の内容が表に出ずにプライバシーが守られますし、裁判所等が関与しないため、異議をとなえられないことから故人の意思を反映しやすい相続方法といえます。

マイケルジャクソンの遺産

2009年6月に亡くなったマイケルジャクソンも遺言書とリビングトラストを作っていました。遺言書にはリビングトラストに従って財産を処分するようにあり、詳細はリビングトラストに記載してあったようです。数日後にその内容が報道され、内容が広く知られることになりました。

しかし先に述べたように一般には遺言書やリビングトラストなどの個人の相続プランの内容は公開されるものではありません。リビングトラストを作って検認手続を避けることの重要な理由のひとつは、一般公開を避けることだからです。しかし、何らかの理由で遺言書が裁判所に提出されることになると、これは一般公開される情報となってしまいます。

ページトップへ戻る

この記事の投稿者は以下のページをおすすめしています

https://xn--vcsu8bszje01aulhpuvk0r.com/

国際相続の弁護士

葬儀について知る』のその他の記事

老人ホーム
老人ホーム 高齢になれば、心身の不調は必ず出てきます。自宅で介護を受けながら暮らすのか、老人ホームに入居するのか、なるべくなら病院で余生を過ごすのは避けたいと考える人がほとんどではないでしょうか。最近は結婚をしない人も増えてきていますが、老後に1人だとやはり健康のことが心配だという人が多いでようです。ライフスタイルも多様化している現代、早くから老後に備え、老人ホームを利用することを前提に貯金を始める人も多いと言います。 実際にもしあなたが老人ホームを選...
2017-11-23 [葬儀について知る]
賃料収入とリバースモーゲージ
賃料収入とリバースモーゲージ ライフステージに合わせた住み替え 子の独立や介護の理由から、戸建ての住宅からマンションなどへの住み替えを行う高齢者が増えているといいます。高齢者だけでは戸建ての家の維持が大変に感じ、また駅から離れた戸建てよりも駅に近いマンションの方が生活の利便がよいと考えるようになり、今住んでいる戸建てを売却し、その資金で利便性のよいマンションなどの購入を考えるのです。 しかし住み替えといっても現実は簡単にはいか...
2017-11-23 [葬儀について知る]
税務署
税務署 ある程度の財産を所有している人が死亡すると、税務署から相続税の申告用紙が当然のように送られてきます。税務署は死亡の事実をなぜ知っているかというと、すべての人の死亡通知が市町村から税務署に届くことになっているためです。人が亡くなると、死亡届を市町村に提出する義務があります。それを受けた市町村は税務署に通知する義務があります。したがって、税務署はただ待っているだけで相続税を徴収する原因となる人を特定できるのです。 しかし、亡くなった人すべてに相...
2017-11-23 [葬儀について知る]
    葬式費用の控除
    葬式費用の控除 葬式費用は債務と共に相続財産から差し引くことができます。従って葬儀にかかった費用が多ければ多いほど、相続税が安くなります。ですから、葬式費用の領収書は保管しておくべきです。 相続税法上、相続財産から控除される葬式費用として認められるものは 葬式もしくは葬送に際し、またこれらの前において埋葬、火葬、納骨その他に要した費用 葬式に際して施与した金品で、被相続人の職業、財...
    2017-11-23 [葬儀について知る]
      リビングトラスト
      リビングトラスト リビングトラストとは 日本語で「生前信託」と呼ばれ、生きているうちに財産の名義を家族などに移す制度のことを言います。日本では、故人の意思を反映した相続を行うためには、「遺言」による方法しかないのに対し、アメリカの場合は、遺言に加えてリビングトラストという制度を利用することができます。リビングトラストが遺言と違う点は、裁判所の検認の手続きが不要なことです。日本の場合、遺言書が公正証書遺言でない限り、遺言書の保全のため裁判所の検認を受ける必要...
      2017-11-23 [葬儀について知る]
        遺骨からダイヤモンド
        遺骨からダイヤモンド 遺骨や遺髪・遺灰からダイヤモンドを作れるそうです。50年ほど前のこと、ダイヤモンドが炭素で出ていることに着目し、アメリカのある会社が世界で初めて天然炭素に高温高圧をかけダイヤモンドを作成することに成功したそうです。こうしてできたダイヤは模造ダイヤモンドではなく、その輝き、硬さ共に天然ダイヤモンドとまったく同じ性質を持っているといいます。 さらに、亡くなった方の遺骨や遺灰の炭素をもとにダイヤモンドを作成することも可能になったそうです。必...
        2017-11-23 [葬儀について知る]
          献花
          献花 葬儀の際に仏式の焼香に代わるものとして、祭壇の前に1人1人が花をささげるという行為が生まれました。これを献花といいます。献花はキリスト教や無宗教葬でも行なわれることが多く、仏式の葬儀の場合は焼香に代わる方法としての意味もありますが、一般の葬儀では焼香も献花も行なうことが多いそうです。 献花によく用いられる花はキクやカーネーションです。キリスト教式の献花に使用する花の色と種類については、ユリ、カスミソウなど白い花が主流のようです。基本的にカラフルな...
          2017-11-23 [葬儀について知る]
            遺影(いえい)
            遺影(いえい) 遺影(いえい)とは 故人を偲ぶために作られる写真もしくは肖像画をいいます。遺影は葬儀後には自宅の仏間に代々のご先祖様とともに飾られ、ずっと残りますので、故人を想う際に大切なものとなります。しかし多くの場合は、亡くなった直後に葬儀屋さんに言われるまま、アルバムから故人の写真を探し出して渡し、その後背景が消えて更には紋付や礼服に着せ替えまでした写真が、お通夜までに準備されてきます。 遺影写真の不満 ...
            2017-11-23 [葬儀について知る]
            喪服
            喪服 喪服とは 葬儀や法事などに参列する際に着る礼服のことをいい、「喪に服していること」を意味します。藤衣や喪衣(もぎぬ、もごろも)などとも呼ぶそうで、黒やグレーが一般的な色です。また、正式な喪服と、略式の喪服があります。遺族側か会葬者側か、通夜か告別式かなどにより、正式な喪服で出席するのか略式の喪服で出席するのかが違ってきます。 仮通夜の場合遺族・会葬者:亡くなった直後に行われますので、取り急ぎ駆けつけるときは、地味な平服で...
            2017-11-23 [葬儀について知る]
            清めの塩
            清めの塩 由来 通夜や葬儀では会葬礼状とともに「清めの塩」を渡されることがあります。この塩は、弔いのあと、死のけがれを清めるためのものですが、そもそも日本古来の慣習である「塩によるお清め」という行為は神道に由来します。神道では「死」そのものを「不浄なもの」と考えているので「塩」で身体を清めたり、神棚を穢さないために半紙を貼ったりするのです。塩によって「忌々しいものを払う」という意味合いがあるそうです。 方法 ...
            2017-11-23 [葬儀について知る]
            ページトップへ戻る
            他にはないサービス。無料相談は原則、受け付けません。

            無料相談を掲げる法律事務所とは一線を画し、価格競争には参加せず、報酬に見合う良質なサービスを提供しています。他の弁護士事務所にできないミッションを達成し、紛争解決に集中してリソースを割くために、相談対象を紛争性がある相続事件に限定しています。
            「内容証明が届いた」「対立当事者に弁護士が就いた」「調停・裁判中」「調停・裁判目前」「弁護士を替えることを検討中」など、紛争性が顕在化している方は電話相談(初回15分)・メール相談(1往復のみ)・土日夜間の電話相談(初回15分)で対応します。

            『相続税を納める必要があり、かつ遺産分割でもめている方』は相談無料

            来所ビデオ通話電話・メール・土日夜間
            相続税の納税義務があり、
            かつ遺産分割でもめている事件
            無 料1時間:62,000円税別電話:初回15分
            メール:初回1往復
            土日夜間:初回15分
            無 料
            内容証明が届いた事件1時間:12,000円税別
            ※来所困難な方に限り、
            1時間30,000円税別にて
            電話相談に応じます。
            対立当事者に弁護士が就いた事件
            調停・裁判中、調停・裁判目前の事件
            弁護士を替えることを検討中の事件
            その他、紛争性がある事件
            (潜在的なものも含めて)
            非対応
            税務に関する法律相談1時間:50,000円~税別1時間:100,000円~税別
            国際法務・国際税務に関する法律相談1時間:100,000円~税別1時間:150,000円~税別
            来所ビデオ通話電話・メール・土日夜間
            内容証明が届いた事件1時間:
            12,000円(税別)
            ※来所困難な方に限り、1時間30,000円(税別)にて電話相談に応じます。
            電話:初回15分
            メール:初回1往復
            土日夜間:初回15分
            無 料
            対立当事者に弁護士が就いた事件
            調停・裁判中、調停・裁判目前の事件
            弁護士を替えることを検討中の事件
            その他、紛争性がある事件
            (潜在的なものも含めて)
            非対応
            税務に関する法律相談1時間:
            50,000円~(税別)
            国際法務・国際税務に関する法律相談1時間:
            100,000円~(税別)
            来所予約・お問い合わせ
            03-5532-11129:00~19:00 土日祝日除く※お電話又は予約フォームにて法律相談のご予約をお取り下さい。
            ※小さなお子様の同伴はご遠慮ください。