sozoku.com遺産相続の弁護士・税理士相談

ブログ・相続最前線 遺産相続の弁護士・税理士相談はお任せ下さい|sozoku.com

【不動産の遺産分割で悩む相続人の方へ】換価分割か代償分割か。譲渡所得税と相続税【遺産分割で少しでも得する方法】[POSTED]:2019-10-25

【不動産の遺産分割で悩む相続人の方へ】換価分割か代償分割か。譲渡所得税と相続税【遺産分割で少しでも得する方法】

不動産売却益に対する譲渡所得税はバカにならない。

昭和の時代から持ち続けた不動産を売却する場合、売却価格は当時とは比べ物にならないほど高額になっており、譲渡所得税も多大になる。
それぞれが相続分を売却する換価分割の場合、住んでいた者に対して認められる控除は、被相続人の面倒を見ていた相続人のみが享受できる。
その不動産に実際に居住していた相続人、つまりは被相続人と同居して介護をしていたものなどが対象となる。
換価分割だと譲渡所得税を計算する際に、控除が認められる相続人と控除が認められない相続人が出てしまう。

代償分割ならばフェアか

相続人全体の譲渡所得税を少なくしようとすると、不動産を相続した相続人が代償金を現金で支払う代償分割が考えられる。
代償金をねん出するために不動産を売却すれば、不動産を売却する相続人が譲渡所得税を支払うことになる。
不動産を売却する相続人がもともと家屋に住んでいた場合は、控除を受けられるので、譲渡所得税は安くなる。
ただしこの譲渡所得税の数字を考慮して代償金を計算しなければ、不動産の譲渡所得税を支払う相続人が1人で全ての譲渡所得税を被る。
つまり代償分割で不動産に居住していた相続人が売却し売却益を代償金として支払う場合、
控除は受けられるが、譲渡所得税を考慮した代償金でなければ不公平になる。

代償分割で相続人全体の利益を図り、代償金で公平を図る

換価分割では、居住していた相続人は控除が受けられ、居住していなかった相続人は控除を受けられない。
代償分割を選択して代償金において譲渡所得税を考慮することによって、不動産に居住しなかった人間も、居住した人間が控除を受ける恩恵を間接的に受けることもできる。
他にも、相続不動産に関する相続税の特例を受けられるかどうかも影響する。
小規模宅地等の特例を受けられる相続人が一方的に得をしているなどという理由で、遺産分割がもめることがある。
相続税にしても譲渡所得税にしても税金は、法律で決められているものと割り切り、恩恵を受ける相続人と恩恵を受けられない相続人が出ることは大前提で考えなければならない。
もめている遺産分割において、相続人全体の利益を考えて代償分割を選ぶ場合は、代償金の計算においても譲渡所得税を支払う相続人の犠牲が生じないように計算をする必要がある。
残念ながら細かい計算をしていくうちに話が物別れになることは多い。
であればいっそのこと、換価分割でそれぞれが売却をしたほうが早いということになる。
相続税や譲渡所得税のことまでを視野に入れた細かい調整を遺産分割ですることは、簡単ではない。

0

この記事と
関連性の高いページはこちら

遺産分割の弁護士.com

遺産分割のことなら『遺産分割の弁護士.com』

預金を勝手に引き出したり、不動産の名義を勝手に書き換える。財産の不正操作と徹底的に戦う覚悟がある方のお力になります。

不動産相続の弁護士.com

不動産相続のことなら『不動産相続の弁護士.com』

分けられない財産の典型である不動産。不動産の評価について相続人間でモメます。そもそも不動産が相続財産かどうかも問題になります。不動産を独り占めする財産の不正操作と最後まで戦います。

ページトップへ戻る

ブログ・相続最前線 』のその他の記事

相続・遺産分割で金融資産の換価に時間がかかるわけ【銀行編】
相続開始により債務は法定相続分の限度でしか各相続人に請求できない 債務者が亡くなって相続が開始した。そのこと自体は全くコントロールできないのだが、どの相続人に対して何を請求できるのかを銀行は問題にする。一般論として、相続が発生した場合、債権者は各相続人に対して法定相続分の限度でしか請求できない。各相続人が十分な資力を持っていれば問題なく債権回収できる。しかし各相続人の資力によっては、債権者が完全…...
2019-10-29 [ 相続弁護士の最前線 ]
相続・遺産分割で金融資産の換価に時間がかかるわけ【証券会社編】
銀行口座のみが相続財産である場合はあるが、証券会社の証券口座に入っている株式のみが相続財産である場合はあまりない。同時に進めることが多い証券会社と銀行口座の口座解約。できれば証券会社の口座解約から先に進めたい。遺言執行にせよ、遺産分割にせよ、銀行口座よりも証券口座の手続を先行させておいた方がよい。  銀行口座よりも証券会社を先にしないとダメ 証券会社の場合、被相続人の口座のままだと株式の売却が…...
2019-10-29 [ 相続弁護士の最前線 ]
【不動産の遺産分割で悩む相続人の方へ】換価分割か代償分割か。譲渡所得税と相続税【遺産分割で少しでも得する方法】
不動産売却益に対する譲渡所得税はバカにならない。 昭和の時代から持ち続けた不動産を売却する場合、売却価格は当時とは比べ物にならないほど高額になっており、譲渡所得税も多大になる。それぞれが相続分を売却する換価分割の場合、住んでいた者に対して認められる控除は、被相続人の面倒を見ていた相続人のみが享受できる。その不動産に実際に居住していた相続人、つまりは被相続人と同居して介護をしていたものなどが対象と…...
2019-10-25 [ 相続弁護士の最前線 ]
【戸建て・譲渡所得税・小規模宅地等の特例】相続・遺産分割で不動産評価が複雑なわけ
不動産が相続財産に含まれていると、遺産分割はもめる。不動産が相続財産に入っているだけで、遺産分割の話し合いは長引く。不動産は相続税対策において節税アイテムとして珍重されるが、なぜ遺産分割になるともめる原因なのか。端的に、不動産の評価が相続人間甲で別れてしまうからなのだが、 遺産分割で不動産評価が相続人間で分かれる事例を紹介する。 解体費用や造成費用、売却先による売却価格(一軒家の場合) マンシ…...
2019-10-21 [ 相続弁護士の最前線 ]
【AI弁護士?】AIで対応できない遺産分割調停【遺産分割調停と弁護士業務】
AI弁護士? AIが進化すると弁護士業務が無くなるといわれている。法律相談のような調べ物は人間がやるよりもデータ分析の要素が強い。AIが人間の業務に取って代わることもあるのかもしれない。ただし、相続における弁護士業務を進めていると、相続業務の特殊性からAI技術とは相容れないこともある。特に遺産分割調停での解決が多いことが、相続の弁護士業務の特殊性。遺産分割では以下の理由でデータ蓄積が起きにくい。…...
2019-10-13 [ 相続弁護士の最前線 ]
ページトップへ戻る
他にはないサービス。無料相談は原則、受け付けません。

無料相談を掲げる法律事務所とは一線を画し、価格競争には参加せず、報酬に見合う良質なサービスを提供しています。他の弁護士事務所にできないミッションを達成し、紛争解決に集中してリソースを割くために、相談対象を紛争性がある相続事件に限定しています。
「内容証明が届いた」「対立当事者に弁護士が就いた」「調停・裁判中」「調停・裁判目前」「弁護士を替えることを検討中」など、紛争性が顕在化している方は電話相談(初回15分)・メール相談(1往復のみ)・土日夜間の電話相談(初回15分)で対応します。

相続税を納める必要があり、
かつ遺産分割でもめている方は相談無料

来所ビデオ通話電話・メール・土日夜間
相続税の納税義務があり、
かつ遺産分割でもめている事件
無 料1時間:62,000円税別電話:初回15分
メール:初回1往復
土日夜間:初回15分
無 料
内容証明が届いた事件1時間:12,000円税別
※来所困難な方に限り、
1時間30,000円税別にて
電話相談に応じます。
対立当事者に弁護士が就いた事件
調停・裁判中、調停・裁判目前の事件
弁護士を替えることを検討中の事件
その他、紛争性がある事件
(潜在的なものも含めて)
非対応
税務に関する法律相談1時間:50,000円~税別1時間:100,000円~税別
国際法務・国際税務に関する法律相談1時間:100,000円~税別1時間:150,000円~税別
来所ビデオ通話電話・メール・土日夜間
内容証明が届いた事件1時間:
12,000円(税別)
※来所困難な方に限り、1時間30,000円(税別)にて電話相談に応じます。
電話:初回15分
メール:初回1往復
土日夜間:初回15分
無 料
対立当事者に弁護士が就いた事件
調停・裁判中、調停・裁判目前の事件
弁護士を替えることを検討中の事件
その他、紛争性がある事件
(潜在的なものも含めて)
非対応
税務に関する法律相談1時間:
50,000円~(税別)
国際法務・国際税務に関する法律相談1時間:
100,000円~(税別)
来所予約・お問い合わせ
03-5532-11129:00~19:00 土日祝日除く※お電話又は予約フォームにて法律相談のご予約をお取り下さい。
※小さなお子様の同伴はご遠慮ください。