sozoku.com遺産相続の弁護士・税理士相談

ブログ・相続最前線 遺産相続の弁護士・税理士相談はお任せ下さい|sozoku.com

【AI弁護士?】AIで対応できない遺産分割調停【遺産分割調停と弁護士業務】[POSTED]:2019-10-13

【AI弁護士?】AIで対応できない遺産分割調停【遺産分割調停と弁護士業務】

AI弁護士?

AIが進化すると弁護士業務が無くなるといわれている。
法律相談のような調べ物は人間がやるよりもデータ分析の要素が強い。
AIが人間の業務に取って代わることもあるのかもしれない。
ただし、相続における弁護士業務を進めていると、相続業務の特殊性からAI技術とは相容れないこともある。
特に遺産分割調停での解決が多いことが、相続の弁護士業務の特殊性。
遺産分割では以下の理由でデータ蓄積が起きにくい。

遺産分割調停は非公開

相続紛争の解決方法として、遺産分割調停が占める割合は多い。
遺産分割調停では非公開ゆえに、一般的な情報がなかなかない。
AIが得意とするデータ蓄積がない。
どの事例ではどういう結論が出るということも言いにくい。
介護が寄与分として認められた事例について、質問を受けることがある。
判例からいえる原則がないかという質問なのだが、期待に沿えるはっきりとした結論を豊富なデータから提供することが難しい。
事案の細かな要素も把握できないので原則化や一般化は難しい。
非公開で交渉事の要素もあるので、同じ事案でもケースバイケースの結論になることが多い。

書面が提出されない。

遺産分割調停では書面が提出されない。
だから結局、どうしてこの結論になったのかが形に残りにくい。
AIが得意とするデータ蓄積が起きにくい。
あとから検証する場合に、主張がどのように変遷したのか、どの部分を認めてどの部分を争ったのかがわかりにくい。
裁判ではおおむね、1期日ごとに準備書面という主張書面が提出される。
相手が提出してきた書面に対して、こちらが反論し、主張書面のやり取りが繰り返される。
書面を作成する準備で1月ほど。
1月に1回程度の頻度で裁判期日が開かれる。
ところが調停ではそこまで書面を提出する機会がない。
もちろん提出してもよいし、弁護士が就けば書面を提出することもある。
ただしそれでも裁判に比べて、書面を提出しないことが多いし、提出書面も多くはない。

伝言ゲーム形式で悩み事まで聞く遺産分割調停

AIは合理性を前提とするが、遺産分割調停は必ずしも合理的な進め方をしない。
遺産分割調停では申立人と相手方が交互に調停委員と話をする。
弁護士が代理人としてついていれば、双方がまとめて調停委員と話をすることもある。
ただ調停委員の進め方により、弁護士がついても、交互に話をすることもある。
そのため1回の遺産分割調停期日の時間も裁判に比べて長くなりがち。
2時間コースになることもある。
遺産分割調停が入っている日は、半日も裁判所で時間がとられてしまう。
当事者が同行しているとたいていの場合、交互に話を聞く。
ガス抜きの意味もあって、感情を吐露させたりすることもある。
調停委員がそこまで強権的に仕切らずに、気が済むまで話をさせることも。
法的には関係のないことを話させることもあり、時間はかかる。
伝言ゲーム形式で進み、議題が法的論点以外にも及ぶ遺産分割調停。
こんな言葉が適切かわからないが、グダグダになってしまうことも。
AIになじまない理由である。

不確定要素が多いアナログ業務

遺産分割調停でもめていた議題が解決するプロセスは、本当に摩訶不思議。
あれほどこだわっていたポイントを、ほかの問題が出てきたとたんにあきらめる相続人。
絶対にまとまらないと思っていたにも拘らず、いきなりある期日に妥協をしてくる相続人。
時間切れで裁判疲れした相続人があきらめた。
特定の交渉事といっしょに交渉した結果、こだわっていた問題の重要性が落ちた。
初めに大きな要求をしただけのドア・イン・ザ・フェイスであった。
弁護士が代理人として相続人を説得できた。
年末を迎えて今年中に解決したいと相続人が思った。
相続人がプライベートでより大きな問題が発生し、遺産分割調停どころではなくなった。
遺産分割調停が進むプロセスは、期日ごとに均等ではなく、進むときは一気に進む。
AIではやはり、人間心理の機微は把握できないだろう。

0

この記事と
関連性の高いページはこちら

遺産分割の弁護士.com

遺産分割のことなら『遺産分割の弁護士.com』

預金を勝手に引き出したり、不動産の名義を勝手に書き換える。財産の不正操作と徹底的に戦う覚悟がある方のお力になります。

ページトップへ戻る

ブログ・相続最前線 』のその他の記事

相続・遺産分割で金融資産の換価に時間がかかるわけ【銀行編】
相続開始により債務は法定相続分の限度でしか各相続人に請求できない 債務者が亡くなって相続が開始した。そのこと自体は全くコントロールできないのだが、どの相続人に対して何を請求できるのかを銀行は問題にする。一般論として、相続が発生した場合、債権者は各相続人に対して法定相続分の限度でしか請求できない。各相続人が十分な資力を持っていれば問題なく債権回収できる。しかし各相続人の資力によっては、債権者が完全…...
2019-10-29 [ 相続弁護士の最前線 ]
相続・遺産分割で金融資産の換価に時間がかかるわけ【証券会社編】
銀行口座のみが相続財産である場合はあるが、証券会社の証券口座に入っている株式のみが相続財産である場合はあまりない。同時に進めることが多い証券会社と銀行口座の口座解約。できれば証券会社の口座解約から先に進めたい。遺言執行にせよ、遺産分割にせよ、銀行口座よりも証券口座の手続を先行させておいた方がよい。  銀行口座よりも証券会社を先にしないとダメ 証券会社の場合、被相続人の口座のままだと株式の売却が…...
2019-10-29 [ 相続弁護士の最前線 ]
【不動産の遺産分割で悩む相続人の方へ】換価分割か代償分割か。譲渡所得税と相続税【遺産分割で少しでも得する方法】
不動産売却益に対する譲渡所得税はバカにならない。 昭和の時代から持ち続けた不動産を売却する場合、売却価格は当時とは比べ物にならないほど高額になっており、譲渡所得税も多大になる。それぞれが相続分を売却する換価分割の場合、住んでいた者に対して認められる控除は、被相続人の面倒を見ていた相続人のみが享受できる。その不動産に実際に居住していた相続人、つまりは被相続人と同居して介護をしていたものなどが対象と…...
2019-10-25 [ 相続弁護士の最前線 ]
【戸建て・譲渡所得税・小規模宅地等の特例】相続・遺産分割で不動産評価が複雑なわけ
不動産が相続財産に含まれていると、遺産分割はもめる。不動産が相続財産に入っているだけで、遺産分割の話し合いは長引く。不動産は相続税対策において節税アイテムとして珍重されるが、なぜ遺産分割になるともめる原因なのか。端的に、不動産の評価が相続人間甲で別れてしまうからなのだが、 遺産分割で不動産評価が相続人間で分かれる事例を紹介する。 解体費用や造成費用、売却先による売却価格(一軒家の場合) マンシ…...
2019-10-21 [ 相続弁護士の最前線 ]
【AI弁護士?】AIで対応できない遺産分割調停【遺産分割調停と弁護士業務】
AI弁護士? AIが進化すると弁護士業務が無くなるといわれている。法律相談のような調べ物は人間がやるよりもデータ分析の要素が強い。AIが人間の業務に取って代わることもあるのかもしれない。ただし、相続における弁護士業務を進めていると、相続業務の特殊性からAI技術とは相容れないこともある。特に遺産分割調停での解決が多いことが、相続の弁護士業務の特殊性。遺産分割では以下の理由でデータ蓄積が起きにくい。…...
2019-10-13 [ 相続弁護士の最前線 ]
ページトップへ戻る
他にはないサービス。無料相談は原則、受け付けません。

無料相談を掲げる法律事務所とは一線を画し、価格競争には参加せず、報酬に見合う良質なサービスを提供しています。他の弁護士事務所にできないミッションを達成し、紛争解決に集中してリソースを割くために、相談対象を紛争性がある相続事件に限定しています。
「内容証明が届いた」「対立当事者に弁護士が就いた」「調停・裁判中」「調停・裁判目前」「弁護士を替えることを検討中」など、紛争性が顕在化している方は電話相談(初回15分)・メール相談(1往復のみ)・土日夜間の電話相談(初回15分)で対応します。

相続税を納める必要があり、
かつ遺産分割でもめている方は相談無料

来所ビデオ通話電話・メール・土日夜間
相続税の納税義務があり、
かつ遺産分割でもめている事件
無 料1時間:62,000円税別電話:初回15分
メール:初回1往復
土日夜間:初回15分
無 料
内容証明が届いた事件1時間:12,000円税別
※来所困難な方に限り、
1時間30,000円税別にて
電話相談に応じます。
対立当事者に弁護士が就いた事件
調停・裁判中、調停・裁判目前の事件
弁護士を替えることを検討中の事件
その他、紛争性がある事件
(潜在的なものも含めて)
非対応
税務に関する法律相談1時間:50,000円~税別1時間:100,000円~税別
国際法務・国際税務に関する法律相談1時間:100,000円~税別1時間:150,000円~税別
来所ビデオ通話電話・メール・土日夜間
内容証明が届いた事件1時間:
12,000円(税別)
※来所困難な方に限り、1時間30,000円(税別)にて電話相談に応じます。
電話:初回15分
メール:初回1往復
土日夜間:初回15分
無 料
対立当事者に弁護士が就いた事件
調停・裁判中、調停・裁判目前の事件
弁護士を替えることを検討中の事件
その他、紛争性がある事件
(潜在的なものも含めて)
非対応
税務に関する法律相談1時間:
50,000円~(税別)
国際法務・国際税務に関する法律相談1時間:
100,000円~(税別)
来所予約・お問い合わせ
03-5532-11129:00~19:00 土日祝日除く※お電話又は予約フォームにて法律相談のご予約をお取り下さい。
※小さなお子様の同伴はご遠慮ください。