sozoku.com遺産相続の弁護士・税理士相談

ブログ・相続最前線 遺産相続の弁護士・税理士相談はお任せ下さい|sozoku.com

【被相続人が日本に住んでいない場合でも相続税は発生するのか】海外の不動産を相続した場合[POSTED]:2019-07-17

【被相続人が日本に住んでいない場合でも相続税は発生するのか】海外の不動産を相続した場合

被相続人が海外に住んでいる場合の相続税

近頃は日本国籍を持ちながら、海外で暮らしている人や、リタイア後の第二の人生を海外で過ごす人が増えています。
海外赴任を命じられて家族で海外に移り住んだり、国際結婚したり、海外に留学する日がやってくるかもしれない。
あるいは、余生を南国の楽園で過ごしたいと思うかもしれません。
ところで、海外移住した被相続人があちらで不動産を購入したとしたら、その相続はどうなるのでしょうか。
日本の相続税がかかってくるのでしょうか。
法の適用関係に関する事項を規定している「法の適用に関する通則法」によれば、「相続は、被相続人の本国法による」となっています。
つまり相続財産に日本の相続税が課される前提条件として、被相続人が日本国籍を持っていることが必要になります。
どの範囲の財産に相続税がかかってくるかは、被相続人と相続人の状況の組み合わせによって異なります。

被相続人が日本国内に住所を持っている場合

被相続人が日本国内に住所を持っている場合、相続人が日本国内に住所を持っているか否かにかかわらず、また相続人が日本国籍を持っているか否かにかかわらず、被相続人の国内・国外すべての相続財産が日本の相続税の課税対象になります。
以前は被相続人が日本国内に住所を持っている場合でも、相続人が日本国籍を持っていなければ、取得した財産のうち国内の財産のみが課税対象でした。
しかし、これを利用して、自分の子供を外国籍にするとともに財産を国外に移すという方法で、相続税逃れをする富裕層の人たちが大勢いました。
そのために、平成25年4月1日以降、この方法による課税回避はできなくなったのです。

被相続人が10年以内に国内に住所がない場合

退職後にハワイや東南アジアの国々に移住して、年金だけで比較的優雅な老後を送っている人も多いといいます。
海外に移住した被相続人が移住から10年以内に亡くなった場合、相続人が日本国内に住所を持っているか、または国内に住所を持っていなくても日本国籍であれば、国内、海外両方の財産が課税対象になります。
相続人が日本国内に住所を持たず、かつ、日本国籍を持っていなければ、日本国内の財産のみが相続税の課税対象になります。

被相続人が10年を超えて国内に住所がない場合

被相続人が移住して10年を超えている場合、相続人が日本国内に住所がある、または日本国内に住所がない期間が10年以下の場合は国内・国外すべての財産が課税対象になります。
一方、相続人に日本国籍があっても国外移住期間が10年を超えている場合や、日本国籍がなく国外に移住している場合には、日本国内の財産についてのみ課税対象になります。
日本の土地は路線価や倍率方式をベースに評価します。
広大地やがけ地、不整形地のように使いにくい土地はそれぞれに減算する評価方式があり、小規模宅地等の特例を利用すれば一気に評価額を下げることもできます。
しかし海外には路線価のような考え方はないようです。
そのため海外の土地に日本の評価方式は通用せず、控除や特例も使えません。
では、海外の土地はどうやって評価するかといえば、結局、時価を参考にして鑑定士などに評価してもらうことが多いようです。
ちなみに韓国では標準地価公示価格が示されているので、韓国に不動産を持っている場合にはそれを利用して評価額を計算します。

0

この記事と
関連性の高いページはこちら

遺産分割の弁護士.com

遺産分割のことなら『遺産分割の弁護士.com』

預金を勝手に引き出したり、不動産の名義を勝手に書き換える。財産の不正操作と徹底的に戦う覚悟がある方のお力になります。

相続税の税理士.com

相続税のことなら『相続税の税理士.com』

生前にどれだけ詳細にシミュレーションすることができたかで、相続税対策は決まります。遺言内容にも影響しますので、多方面からの検討をする意味でも弁護士兼税理士にお任せ下さい。

ページトップへ戻る

ブログ・相続最前線 』のその他の記事

【戸建て・譲渡所得税・小規模宅地等の特例】相続・遺産分割で不動産評価が複雑なわけ
不動産が相続財産に含まれていると、遺産分割はもめる。不動産が相続財産に入っているだけで、遺産分割の話し合いは長引く。不動産は相続税対策において節税アイテムとして珍重されるが、なぜ遺産分割になるともめる原因なのか。端的に、不動産の評価が相続人間甲で別れてしまうからなのだが、 遺産分割で不動産評価が相続人間で分かれる事例を紹介する。 解体費用や造成費用、売却先による売却価格(一軒家の場合) マンシ…...
2019-10-21 [ 相続弁護士の最前線 ]
【AI弁護士?】AIで対応できない遺産分割調停【遺産分割調停と弁護士業務】
AI弁護士? AIが進化すると弁護士業務が無くなるといわれている。法律相談のような調べ物は人間がやるよりもデータ分析の要素が強い。AIが人間の業務に取って代わることもあるのかもしれない。ただし、相続における弁護士業務を進めていると、相続業務の特殊性からAI技術とは相容れないこともある。特に遺産分割調停での解決が多いことが、相続の弁護士業務の特殊性。遺産分割では以下の理由でデータ蓄積が起きにくい。…...
2019-10-13 [ 相続弁護士の最前線 ]
遺産分割で漏れた財産【遺産分割協議書の書き方に注意】
遺産分割で漏れた相続財産 長かった遺産分割協議もようやく決着がついて、遺産分割協議書が出来上がった。安堵の気持ちから安心していると足元をすくわれかねないことになる。遺産分割における財産目録に記載されていない相続財産がのちに見つかることがあるからだ。遺産分割調停にかかってしまうと1年以上も解決に時間がかかるが、その時間をかけてもすべてが解決していないことになる。遺産分割協議で一部の相続財産が漏れた…...
2019-07-30 [ 相続弁護士の最前線 ]
遺産分割や相続の法律相談における弁護士の探し方【ネットで探す場合の選択肢】
相続や遺産分割における弁護士の探し方 遺産分割や相続問題が発生したときに弁護士を探す際、どのようにして弁護士を探しているか。一昔前ならばタウンページも利用されていた。今はインターネットで弁護士を探すことが一般的だろう。インターネット以外の選択肢がない状況であるといっても過言ではない。弁護士からするとネットで露出していることが、マッチングの条件となる。インターネットを自由に使いこなせない世代の方も…...
2019-07-28 [ 相続弁護士の最前線 ]
相続問題・遺産分割協議で弁護士を付けるべきか【パターン別】
遺産分割協議で弁護士を付けるべきか 遺産分割協議中の相談者から、弁護士を付けるべきかどうかの相談を受ける。このまま家族同士で相談を続けても、解決しそうにないからと弁護士に相談をしているのだが、家族同士の問題なのでできれば弁護士を付けたくない。その通りだと思います。弁護士に依頼すること自体、日本人的感覚であれば避けたいところ。ただ実際に弁護士を付ける遺産分割協議や遺産分割調停、相続事件はたくさんあ…...
2019-07-26 [ 相続弁護士の最前線 ]
ページトップへ戻る
他にはないサービス。無料相談は原則、受け付けません。

無料相談を掲げる法律事務所とは一線を画し、価格競争には参加せず、報酬に見合う良質なサービスを提供しています。他の弁護士事務所にできないミッションを達成し、紛争解決に集中してリソースを割くために、相談対象を紛争性がある相続事件に限定しています。
「内容証明が届いた」「対立当事者に弁護士が就いた」「調停・裁判中」「調停・裁判目前」「弁護士を替えることを検討中」など、紛争性が顕在化している方は電話相談(初回15分)・メール相談(1往復のみ)・土日夜間の電話相談(初回15分)で対応します。

相続税を納める必要があり、
かつ遺産分割でもめている方は相談無料

来所ビデオ通話電話・メール・土日夜間
相続税の納税義務があり、
かつ遺産分割でもめている事件
無 料1時間:62,000円税別電話:初回15分
メール:初回1往復
土日夜間:初回15分
無 料
内容証明が届いた事件1時間:12,000円税別
※来所困難な方に限り、
1時間30,000円税別にて
電話相談に応じます。
対立当事者に弁護士が就いた事件
調停・裁判中、調停・裁判目前の事件
弁護士を替えることを検討中の事件
その他、紛争性がある事件
(潜在的なものも含めて)
非対応
税務に関する法律相談1時間:50,000円~税別1時間:100,000円~税別
国際法務・国際税務に関する法律相談1時間:100,000円~税別1時間:150,000円~税別
来所ビデオ通話電話・メール・土日夜間
内容証明が届いた事件1時間:
12,000円(税別)
※来所困難な方に限り、1時間30,000円(税別)にて電話相談に応じます。
電話:初回15分
メール:初回1往復
土日夜間:初回15分
無 料
対立当事者に弁護士が就いた事件
調停・裁判中、調停・裁判目前の事件
弁護士を替えることを検討中の事件
その他、紛争性がある事件
(潜在的なものも含めて)
非対応
税務に関する法律相談1時間:
50,000円~(税別)
国際法務・国際税務に関する法律相談1時間:
100,000円~(税別)
来所予約・お問い合わせ
03-5532-11129:00~19:00 土日祝日除く※お電話又は予約フォームにて法律相談のご予約をお取り下さい。
※小さなお子様の同伴はご遠慮ください。