sozoku.com相続専門の弁護士・税理士による
ワンストップサービス

ブログ・相続最前線 遺産相続の弁護士・税理士相談はお任せ下さい|sozoku.com

相続問題・遺産分割協議で弁護士を付けるべきか【パターン別】[POSTED]:2019-07-26

相続問題・遺産分割協議で弁護士を付けるべきか【パターン別】

遺産分割協議で弁護士を付けるべきか

遺産分割協議中の相談者から、弁護士を付けるべきかどうかの相談を受ける。
このまま家族同士で相談を続けても、解決しそうにないからと弁護士に相談をしているのだが、家族同士の問題なのでできれば弁護士を付けたくない。
その通りだと思います。
弁護士に依頼すること自体、日本人的感覚であれば避けたいところ。
ただ実際に弁護士を付ける遺産分割協議や遺産分割調停、相続事件はたくさんあります。
結果的に弁護士を付けることが成功であった相続事件や、弁護士を付けるタイミングが適切であった相続事件がある一方で、最後まで弁護士を付けるべきか悩んだ挙句、結果的に弁護士を付けたことを後悔してしまう相続事件もある。

吉本事件でも触れられた弁護士を付けたインパクト

吉本興業の闇営業事件。
雨上がり決死隊の宮迫博之さんと、ロンドンブーツ1号2号の田村亮さんが記者会見をした中で、
2人が弁護士を付けたことが事態をこじらせたかのような報道がされた。
2人は弁護士を付けたことを後悔していないのであろうが、
報道が世間に与えた印象は次のようなものである可能性がある。
つまり、弁護士をつけると余計にこじれる。
弁護士はつけるべきではない。
亮さんの発言で、吉本からファミリーだと言われた旨の説明があった。
このことで余計に、ファミリーマターに弁護士が介入することは不適切であるかのような印象を持ったかもしれない。

相続事件や遺産分割協議・遺産分割調停で弁護士を入れるべきか

相続事件や遺産分割協議で弁護士を入れるケースは少なくない。
むしろ多くの事件で、弁護士を入れるほうが適切な場合もある。
ただ1つ言えるのは、弁護士を入れた事件が解決した後に、対立当事者同士の交流が復活することは考えにくいこと。
これだけはかなりの確率で間違いがないといえる。
弁護士を入れて裁判で争っておきながら、裁判が終わったとたんにまた仲良くすることは難しい。
普通に考えて、弁護士を入れると以降は、没交渉ということになる。

弁護士を入れた段階で、吉本にはいづらくなる。

吉本の例でいえば、吉本から離れる覚悟ができない状況で弁護士を入れることは得策でなない。
労働事件でも会社から去る判断をしたならば、弁護士を依頼してもよい。
会社に残るのならば、弁護士沙汰にしない方がよい。
民放アナウンサーに内定していた女子大生が内定取り消しに対して弁護士を立てて争ったことがある。
その後、女子大生は内定取り消しを勝ち取り、無事にテレビ局に入社できた。
このケースはまさにこれから入社する会社を相手に、継続的関係に入ることを前提に弁護士沙汰にした点で特殊なケース。
古くは三菱樹脂事件があり、本採用取り消し撤回を求めての提訴であった。
三菱樹脂事件の原告はその後、入社して出世をし、関連会社の社長を務めたが、会社の理解や本人の努力があったからこその結果だろう。
古い考え方かもしれないが、訴えた側と訴えられた側の共存は難しい。
法的に正しいのであれば堂々とするべきなのだが、当事者の気持ちに立れば難しい問題がある。

対立当事者との関係によってはむしろ弁護士が必須

弁護士を入れた場合に、その後の親族との関係にも影響は起きる。
中には特別に関係を修復できた家族もいるが、有名事件を見てもわかるように弁護士介入後の関係修復はレアケースである。
ただし対立当事者との関係によっては、むしろ弁護士の介入が必須であることも多い。
もともとコミュニケーションが取れていない。
同居もしていない。
今後も交流する必要がない。
相続でいえば、
異母兄弟
前妻の子と後妻
代襲相続で疎遠になっている
離縁する覚悟を決めた兄弟
などのケース。
弁護士が入らないと話し合うこともままならず、中には戸籍を取り寄せて初めて連絡するケースもある。
このようなケースでは弁護士を入れて遺産分割協議をしたほうがよいし、
弁護士介入後に没交渉となったとしても悪影響はない。
もとより弁護士事務所に来る相談者は、すでに弁護士に依頼すべきタイミングになっていることも多い。
弁護士に相談すべきタイミングになっているからこそ弁護士に相談しているといってもよい。
弁護士が介入している事件の一定数は実際に、異母兄弟、前妻の子と後妻、代襲相続で疎遠になっている、離縁する覚悟を決めた兄弟などのケースである。

この記事と
関連性の高いサイトはこちら

遺産分割の弁護士.com

遺産分割のことなら『遺産分割の弁護士.com』

預金を勝手に引き出したり、不動産の名義を勝手に書き換える。財産の不正操作と徹底的に戦う覚悟がある方のお力になります。

ページトップへ戻る

ブログ・相続最前線』のその他の記事

遺産分割で漏れた財産【遺産分割協議書の書き方に注意】
遺産分割で漏れた相続財産 長かった遺産分割協議もようやく決着がついて、遺産分割協議書が出来上がった。安堵の気持ちから安心していると足元をすくわれかねないことになる。遺産分割における財産目録に記載されていない相続財産がのちに見つかることがあるからだ。遺産分割調停にかかってしまうと1年以上も解決に時間がかかるが、その時間をかけてもすべてが解決していないことになる。遺産分割協議で一部の相続財産が漏れた...
2019-07-30 [相続弁護士の最前線]
遺産分割や相続の法律相談における弁護士の探し方【ネットで探す場合の選択肢】
相続や遺産分割における弁護士の探し方 遺産分割や相続問題が発生したときに弁護士を探す際、どのようにして弁護士を探しているか。一昔前ならばタウンページも利用されていた。今はインターネットで弁護士を探すことが一般的だろう。インターネット以外の選択肢がない状況であるといっても過言ではない。弁護士からするとネットで露出していることが、マッチングの条件となる。インターネットを自由に使いこなせない世代の方も...
2019-07-28 [相続弁護士の最前線]
相続問題・遺産分割協議で弁護士を付けるべきか【パターン別】
遺産分割協議で弁護士を付けるべきか 遺産分割協議中の相談者から、弁護士を付けるべきかどうかの相談を受ける。このまま家族同士で相談を続けても、解決しそうにないからと弁護士に相談をしているのだが、家族同士の問題なのでできれば弁護士を付けたくない。その通りだと思います。弁護士に依頼すること自体、日本人的感覚であれば避けたいところ。ただ実際に弁護士を付ける遺産分割協議や遺産分割調停、相続事件はたくさんあ...
2019-07-26 [相続弁護士の最前線]
【賃貸マンションに建て替えて、相続税を圧縮】相続税において土地の評価額を下げる方法
不動産相続における節税ポイントは、土地の評価額を下げることです。自宅不動産を建て替えて、賃貸マンションやアパートにすれば土地の評価額を下げることができます。土地(自用地)の評価額が1億5000万円の場合を考えてみましょう。貸付建付地の評価額は「自用地(自ら所有し自ら使用している土地)の評価額」-「自用地の評価額×借地権割合×借家権割合×賃貸割合」これに当てはめてみると「1億5000万円(自用地の評...
2019-07-19 [相続弁護士の最前線]
【被相続人が日本に住んでいない場合でも相続税は発生するのか】海外の不動産を相続した場合
被相続人が海外に住んでいる場合の相続税 近頃は日本国籍を持ちながら、海外で暮らしている人や、リタイア後の第二の人生を海外で過ごす人が増えています。海外赴任を命じられて家族で海外に移り住んだり、国際結婚したり、海外に留学する日がやってくるかもしれない。あるいは、余生を南国の楽園で過ごしたいと思うかもしれません。ところで、海外移住した被相続人があちらで不動産を購入したとしたら、その相続はどうなるので...
2019-07-17 [相続弁護士の最前線]
【不動産の評価額が大きく影響】相続税が戻ってくる更正の請求(相続税還付)
土地の評価の仕方は複雑です。いろいろな評価の増減ポイントがあるので、目の付け所次第では土地の評価を大きく下げることも可能です。相続税の申告・納付は「相続開始日から10ケ月以内」という期限が設定されているため、タイムリミットに間に合わせることが優先されがちですが、相続税の申告をした後で専門家などに頼んで相続財産の再評価をしてもらうと思わぬマイナスポイントが見つかることもあり得ます。相続税の申告後、5...
2019-07-15 [相続弁護士の最前線]
【罰則はないが、放置しておくと大変なことに】不動産を相続したら登記を済ませておく
遺産分割協議で合意したにもかかわらず、遺産分割協議書も作らずに、不動産登記もそのままにしておくと、遺産分割の内容に不満を持った相続人が後になって「同意しない」と主張してくることがあります。こうしたトラブルを回避するためにも、協議がまとまって、それぞれの相続分が確定したら、まずはすぐに遺産分割協議書を作成しましょう。遺産分割協議書は必ず作成しなければならないものではありませんが、協議成立後に異議を唱...
2019-07-13 [相続弁護士の最前線]
【特例適用の条件にも注意】不動産譲渡益と不動産譲渡損を相殺して節税する
不動産の譲渡益と譲渡損 大昔に買った自宅不動産や先祖代々受け継いできた土地は、現代と比べてはるかに地価が低いために取得費が安かったり、取得費自体が不明だったりするので、売却すると通常は多額の譲渡益(売却益)が出ます。逆にバブル期のように地価が高かった頃に購入した物件や、地価が下がり続けている物件などは、売却すると譲渡損(売却損)が出てしまうことがあります。譲渡益が生じた場合には3000万円の特別...
2019-07-11 [相続弁護士の最前線]
【土地と建物の名義が異なると特別控除が受けられないことに】土地と建物の所有者が違うと特別控除が制限される?
不動産相続では土地と建物の名義が異なると不利に 親の土地に子供が家を建てたり、相続に絡んで名義変更したりするなど、土地と建物の名義人が違うケースがたまにありますが、土地と建物の名義人が違うと、いろいろトラブルの元になることがあります。売却するにしても、他の所有者の許諾が必要になりますので、マイホームの3000万円特別控除などの活用の仕方も難しくなってしまいます。土地の所有者と建物の所有者が異なる...
2019-07-09 [相続弁護士の最前線]
【1年以上?】遺産分割調停がまとまるまでの時間
遺産分割調停がまとまるまでの時間 遺産分割調停は一般に時間がかかるといわれている。一年以上かかるといわれているし、統計上は間違いない。遺産分割調停を申し立てることを躊躇する原因の1つは、時間がかかってしまうことである。相続事件は離婚事件と並んで、解決までの時間が長い。遺産分割にはどのくらいの時間で解決しなければならないという時間制限がない。加えて、離婚事件もそうだが家庭内のトラブルだけに、感情の...
2019-07-08 [相続弁護士の最前線]
ページトップへ戻る
他にはないサービス。無料相談は原則、受け付けません。

無料相談を掲げる法律事務所とは一線を画し、価格競争には参加せず、報酬に見合う良質なサービスを提供しています。他の弁護士事務所にできないミッションを達成し、紛争解決に集中してリソースを割くために、相談対象を紛争性がある相続事件に限定しています。
「内容証明が届いた」「対立当事者に弁護士が就いた」「調停・裁判中」「調停・裁判目前」「弁護士を替えることを検討中」など、紛争性が顕在化している方は電話相談(初回15分)・メール相談(1往復のみ)・土日夜間の電話相談(初回15分)で対応します。

相続税を納める必要があり、
かつ遺産分割でもめている方は相談無料

来所ビデオ通話電話・メール・土日夜間
相続税の納税義務があり、
かつ遺産分割でもめている事件
無 料1時間:62,000円税別電話:初回15分
メール:初回1往復
土日夜間:初回15分
無 料
内容証明が届いた事件1時間:12,000円税別
※来所困難な方に限り、
1時間30,000円税別にて
電話相談に応じます。
対立当事者に弁護士が就いた事件
調停・裁判中、調停・裁判目前の事件
弁護士を替えることを検討中の事件
その他、紛争性がある事件
(潜在的なものも含めて)
非対応
税務に関する法律相談1時間:50,000円~税別1時間:100,000円~税別
国際法務・国際税務に関する法律相談1時間:100,000円~税別1時間:150,000円~税別
来所ビデオ通話電話・メール・土日夜間
内容証明が届いた事件1時間:
12,000円(税別)
※来所困難な方に限り、1時間30,000円(税別)にて電話相談に応じます。
電話:初回15分
メール:初回1往復
土日夜間:初回15分
無 料
対立当事者に弁護士が就いた事件
調停・裁判中、調停・裁判目前の事件
弁護士を替えることを検討中の事件
その他、紛争性がある事件
(潜在的なものも含めて)
非対応
税務に関する法律相談1時間:
50,000円~(税別)
国際法務・国際税務に関する法律相談1時間:
100,000円~(税別)
来所予約・お問い合わせ
03-5532-11129:00~19:00 土日祝日除く※お電話又は予約フォームにて法律相談のご予約をお取り下さい。
※小さなお子様の同伴はご遠慮ください。