sozoku.com遺産相続の弁護士・税理士相談

事業承継紛争・お家騒動の実例 遺産相続の弁護士・税理士相談はお任せ下さい|sozoku.com

    [CATEGORY]:事業承継紛争・お家騒動の実例

井川家による統治の崩壊【大王製紙】[POSTED]:2019-10-05

お家騒動のきっかけは刑事事件

意高氏は、高雄氏の絶大な影響力を背景に、子会社役員らと強い主従関係を結んだ。子会社役員らは、意高氏の要求を断れない極めて従属的な立場にあった。
意高氏はその立場を利用し、社長を兼務している子会社から、計85億円あまりを自分個人への貸付として個人口座やラスベガスの口座に振り込ませた。その多くはカジノなどの遊興費につぎ込まれる。
2011年9月7日、井川家ファミリー企業から大王製紙の関連事業部宛てに「9月2日に会長の個人口座に3億円を振り込んだ」とのメールが届く。社内調査を行ったところ、意高氏への多額の貸付が発覚。意高氏は責任をとり、会長職を辞任した。

同年 11 月、意高氏は東京地検特捜部に逮捕された。翌年10月の第一審では、特別背任罪で懲役4年の実刑判決。翌々年2月に上告が棄却され、判決が確定した。
この事件をきっかけとして、井川家直系と大王製紙との対立が激化し、井川家直系の失脚が進むことになる。

創業家と会社の全面対立

井川家直系の高雄氏は顧問の職を解任され、高雄氏の二男の高博氏も取締役を辞任した。
大王製紙は、脱井川家を進めるため、創業家が保有する子会社株の買取を目指したが、井川家直系は提示された金額が安価であったため拒否。大王製紙は関連会社が持ち合っている株式を買い取り、子会社数を増やした。

脱井川家の動きに対抗するためなのか、2012年2月から3月にかけて、井川家直系は、自らが過半数を握る井川家ファミリー企業において、大王製紙からの出向役員を解任し、経営陣を一新。
井川家直系と大王製紙は、井川家ファミリー企業の経営権を巡り、全面対立することとなった。

  • ①しかし、意高氏の巨額な借入金返済もあり、高雄氏は同年8月までに、保有する大王製紙株とその井川家ファミリー企業株を全て北越紀州製紙に売却。
  • ②そのうち井川家ファミリー企業株については、北越紀州製紙が大王製紙に譲渡した。

これにより、井川家直系の大王製紙に対する支配力は著しく低下したが、高雄氏は株を手放す見返りとして大王製紙に顧問として復帰。大王製紙への井川家直系の関与は続くことになった。
井川家直系による大王製紙株の売却の結果、北越紀州製紙が大王製紙の筆頭株主となった。

脱創業家とはならず

創業者伊勢吉氏の子どもで高雄氏の兄弟ら(井川家傍系)は、保有する大王製紙株と井川家ファミリー企業株を手放さず、大王製紙株についてはむしろ買い増しを行い、経営への支配力を強めていた。
大王製紙の経営陣は、井川家直系からの株買い上げに協力した北越紀州製紙より経営統合を打診されていたが、頑なに拒み、あくまで独立路線を貫いている。その一方で、井川家傍系とは歩調を合わせていくことを匂わせる発言も。結局、脱井川家とはまではならず、大王製紙と井川家の強いつながりは今後も継続ということだろうか。

0
ページトップへ戻る

事業承継紛争・お家騒動の実例』のその他の記事

クーデターに敗れた後の身の振り方【エイベックス】
競業避止義務違反に注意 依田氏が当時経営の支配権を確保しようとTOBを行っても、USENなどの協力会社の存在や、エイベックスファンの株主の抵抗を受け、成功していたとは考え難い。しかし、エイベックスを急成長させた依田氏の経営力(経営ノウハウ・人脈など)は相当なもの。これを活かさない手はない。そこで、新たな音楽会社でこれらを活かすことも考えられよう。実際、依田氏は2005年にドリーミュージックの筆頭株主となり、その後ドリーミュージックの経営に参画していた。ここで問題となるのが、取締役でもあった依田…...
2019-10-21 [ 事業承継紛争・お家騒動の実例 ]
    アーティストまで巻き込んだクーデター【エイベックス】
    利益相反取引を理由とした辞任勧告 1988年創業の大手音楽会社であるエイベックス。創業当初は松浦勝人氏らにより設立された輸入レコードの卸会社であったが、1990年に自社レーベル「 a v e x t r a x 」を創設し、CD制作を開始。1999年に東証一部に上場するまで成長。小室哲也氏、TRF、安室奈美恵氏、浜崎あゆみ氏といったアーティストらと共に、音楽業界で一大勢力を築く。創業から4ヵ月後に顧問としてエイベックスに加わった依田巽会長は、1995年に社長を兼務。経営の中心となって、創業メ…...
    2019-10-19 [ 事業承継紛争・お家騒動の実例 ]
      追い払われた創業者の復活はあるのか【雪国まいたけ】
      経営陣主導の創業家一掃プロジェクト 大平氏に最も必要なことは、自分の置かれた状況を客観的に把握することであった。大平氏は、2013年の退陣後も、大株主として他のステークホルダーなどに何ら相談せずに独断で経営陣を入れ替えるなどの独断経営を続けた。その結果、他のステークホルダーや経営陣からそっぽを向かれた挙句、最終的に会社を乗っ取られた。まさしく、経営陣主導の創業家一掃プロジェクトである。 今や、大平氏の手元には経営を脅かすだけの株はなく、経営陣に返り咲く当てもない。顧問として会社に残ろうとして…...
      2019-10-15 [ 事業承継紛争・お家騒動の実例 ]
        大株主としての地位を維持するために【雪国まいたけ】
        不祥事があった以上、一線から退くべき 大平氏は、不祥事により経営の前線に立てなくなった以上、経営陣に経営を任せるべきであった。不祥事直後に形式上、前線から退くことはよくあるが、塩梅よく操り人形を操っていればいいものを、口を出しすぎたばかりに経営陣から反撃を食らってしまった。大平氏は不祥事で経営から退陣した以上、自ら選んだ経営陣に経営を任せ、倒産の危機などのピンチにならない限り、一歩引いたところから経営を見守る姿勢で対応すべきだったのではないか。経営を近くで見守りたいのであれば、相談役や顧問など…...
        2019-10-13 [ 事業承継紛争・お家騒動の実例 ]
          北陸のキノコ王国の崩壊【雪国まいたけ】
          不祥事による創業者の辞任 かつて人工栽培が難しいといわれた舞茸。その人工栽培の量産化に成功し、舞茸などのキノコ販売で事業を拡大させた新潟の企業、雪国まいたけ。1983年に大平喜信氏が創業し、社長として雪国まいたけを東証二部上場企業まで成長させた。雪国まいたけ株は大平氏が約20%、大平家の資産管理会社「大平商事」が約32%を持ち、その他一族保有株を合わせて大平一族が60%超を保有。 ところが90年代後半に舞茸市場に参入してきた長野のホクトとの「信越キノコ戦争」で激しい販売競争を繰り広げた。生産…...
          2019-10-11 [ 事業承継紛争・お家騒動の実例 ]
            ページトップへ戻る
            他にはないサービス。無料相談は原則、受け付けません。

            無料相談を掲げる法律事務所とは一線を画し、価格競争には参加せず、報酬に見合う良質なサービスを提供しています。他の弁護士事務所にできないミッションを達成し、紛争解決に集中してリソースを割くために、相談対象を紛争性がある相続事件に限定しています。
            「内容証明が届いた」「対立当事者に弁護士が就いた」「調停・裁判中」「調停・裁判目前」「弁護士を替えることを検討中」など、紛争性が顕在化している方は電話相談(初回15分)・メール相談(1往復のみ)・土日夜間の電話相談(初回15分)で対応します。

            相続税を納める必要があり、
            かつ遺産分割でもめている方は相談無料

            来所ビデオ通話電話・メール・土日夜間
            相続税の納税義務があり、
            かつ遺産分割でもめている事件
            無 料1時間:62,000円税別電話:初回15分
            メール:初回1往復
            土日夜間:初回15分
            無 料
            内容証明が届いた事件1時間:12,000円税別
            ※来所困難な方に限り、
            1時間30,000円税別にて
            電話相談に応じます。
            対立当事者に弁護士が就いた事件
            調停・裁判中、調停・裁判目前の事件
            弁護士を替えることを検討中の事件
            その他、紛争性がある事件
            (潜在的なものも含めて)
            非対応
            税務に関する法律相談1時間:50,000円~税別1時間:100,000円~税別
            国際法務・国際税務に関する法律相談1時間:100,000円~税別1時間:150,000円~税別
            来所ビデオ通話電話・メール・土日夜間
            内容証明が届いた事件1時間:
            12,000円(税別)
            ※来所困難な方に限り、1時間30,000円(税別)にて電話相談に応じます。
            電話:初回15分
            メール:初回1往復
            土日夜間:初回15分
            無 料
            対立当事者に弁護士が就いた事件
            調停・裁判中、調停・裁判目前の事件
            弁護士を替えることを検討中の事件
            その他、紛争性がある事件
            (潜在的なものも含めて)
            非対応
            税務に関する法律相談1時間:
            50,000円~(税別)
            国際法務・国際税務に関する法律相談1時間:
            100,000円~(税別)
            来所予約・お問い合わせ
            03-5532-11129:00~19:00 土日祝日除く※お電話又は予約フォームにて法律相談のご予約をお取り下さい。
            ※小さなお子様の同伴はご遠慮ください。