sozoku.com遺産相続の弁護士・税理士相談

sozoku.com相続専門の弁護士・税理士による
ワンストップサービス

相続Q&A [26件]sozoku.com

Q26.相続対策で現金を捻出する方法
生命保険。不動産賃料。資産売却はすぐ売れる資産を持つ必要有 相続において現金が必要になることがある 相続手続きなどで現金が必要になることはもちろんである。葬式などでまとまった現金が必要になることもある。この場合、猶予はなく、今すぐにお金が必要になっている。相続人にもともとお金があれば建て替えることができるが、なかなか現金を持ち合わせない相続人が多い。 さらに相続税の納税である。相続税の納税義務者の範囲が広がったことにより、かなりの方が相続税の納税をするようになった。そこま…...
2019-10-20 [ 相続Q&A ]
Q25.生前に自社株を贈与する場合の注意点
贈与税申告や法人税申告書との齟齬をなくさないと相続税の税務調査で名義株扱いされるリスク 自社株式は相続において厄介な存在である 遺産分割においても評価が問題になる。そもそも誰が相続するかについて、代理人がついている遺産分割協議においては、合理的に話を進めることもできようが、代理人がついていない場合などは、経営に全く関心もない相続人が嫌がらせのために相続権を主張することもある。 自社株式は相続税においても問題になる。自社株対策として生前に息子に株式を贈与していた。ところが自…...
2019-10-15 [ 相続Q&A ]
Q24.経営者の相続対策において、後継者の指名はいつ行うべきか
後継者は指名だけで解決しないので、会社の運営を考えて早期に指名すべき。規模にもよるが十年単位で考えるべき。 遺言を書いたことを大っぴらにすべきであるという意見がある。弁護士ではない専門家が主張しているのをよく聞く。相続開始後にいきなり遺言が登場するともめてしまう。だからこそ遺言の内容を相続する人間も集まった状態で公開し、話し合おうというものである。中身を伝えていれば争いは起きないという趣旨の主張である。 相続コンサルタントの方が実際に遺言を書かせ、遺言作成者に相続人とな…...
2019-10-10 [ 相続Q&A ]
Q23.顧問弁護士・顧問税理士に相談してよいか
無策の場合も。違う視点からみられない。 相続問題をどの弁護士や税理士に依頼したらよいのか 地主や事業を営む方は、顧問弁護士や顧問税理士がいる場合も多い。特に税理士は日頃から付き合いもあるので、相続税の申告もお願いしたほうがワンストップで合理的であるようにも思える。むしろ顧問税理士がいるにもかかわらず、あえて相続税の申告を他の税理士に依頼するという発想を持つことがまれかもしれない。あるとすれば現在の顧問税理士に対して不満を持っている場合であろう。 顧問弁護士や顧問税理士に対して相続業務を依頼…...
2019-10-05 [ 相続Q&A ]
Q22.自分と家族の意見が異なる
決断が下せず何もせずに終わるパターン。家族の人間関係が一気に変わる出来事がないと進展しない。ルールを決めたら迷わないこと。 相続について自分と家族との意見が異なる どうしたらよいかという質問を受ける。家族の意見がまとまっていない段階での相談に対して、どのようにアドバイスすべきか。 専門家への相談は、専門知識を頼るのが目的である。どうすべきか、何をしたいのかを事前に決めてあるからこそ、有効な相談ができる。裁判をすべきか、もう少し様子を見るべきかについては、特に相談を受ける。…...
2019-09-30 [ 相続Q&A ]
Q21.海外財産について注意すべき点
手続きが非常に煩雑に。少額ならば放棄することに。 海外財産が含まれる相続はまだ少数だが、確実に増えている 海外財産が含まれる相続は、故人が海外生活をしていた、駐在員だったなどの事情があるからであるが、額の多寡はともかくとして今後、海外財産が含まれる相続は増えることが予想される。 海外銀行の預金口座開設ツアーがはやったのは少し前のこと。預金口座の解約払い戻し手続きができないという相談も増えている。英米法系の国であれば、プロベート手続を進めることになる。現在プロベート手続きを…...
2019-09-25 [ 相続Q&A ]
Q20.生命保険を買うべきと聞いた
小金持ち向け。相続税対策はインパクト弱。納税資金確保が目的。 生命保険もまた、相続対策として勧められる商品である 生命保険の営業マンも、相続対策を売り言葉に生命保険を売ろうと頑張っている。 相続対策としての生命保険は、不動産に比べて節税効果のインパクトは大きくない。法定相続人の数×500万円。生命保険の非課税枠はありがたいものである。しかし特に財産規模が大きくなると、不動産への資産組み換えによる節税効果に比べるとインパクトが小さい。マンションを購入することによる8割程度の…...
2019-09-15 [ 相続Q&A ]
Q19.不動産を買うべきと聞いた
富裕層向け。相続税対策はインパクト強。納税資金は確保しづらい。 相続対策として不動産を買うことを勧めることがある 確かに、不動産を購入することは相続対策になる。特に相続税対策としては有用である。理由は現金から不動産に資産構成を変更することによって、相続税評価額が減るからである。相続税評価額を減らすことによって、相続税額を場合によっては大幅に減らすことができる。これは日本の相続税制度に特有のことで、日本の富裕層に地主や不動産賃貸業が多い理由もここにあるといわれている。 相続…...
2019-09-10 [ 相続Q&A ]
Q18.どの業者を信用すべきか
自分の商品を売ることが目的。コンサルタントとはいえど本当は何屋? 相続コンサルタントと名乗る方は多い 相談無料を掲げて親切に相談に乗っているコンサルタントが多い。コンサルタントが相談に乗っているのに相談無料にできるのはなぜなのか。ボランティアではないのだから、必ず報酬をもらわないとコンサルタントとして成り立たないのではないだろうか。 相続コンサルタント曰く、相続は複合的な問題をはらむ問題である。不動産の売却もあれば、生命保険による節税もある。お墓や仏壇の購入なども相続税対策になる。遺産分割…...
2019-09-05 [ 相続Q&A ]
Q17.エンディングノートとは違うのか
エンディングノートは遺言よりも広い。ある意味、遺言よりも有用。日記は税務調査で不利な証拠にもなり得る エンディングノートというものが出始めたのは数年前から 書店では各種エンディングノートが並んでいるが、エンディングノートの作成はしておいたほうが良いのか。 エンディングノートとは何かということを最初にはっきりしておく必要がある。エンディングノートは法的なものではないので、各種各様だが、預金通帳の種類や動産、不動産などの財産目録を記入するもののほか、SNSのログインパスワード…...
2019-08-30 [ 相続Q&A ]
ページトップへ戻る
他にはないサービス。無料相談は原則、受け付けません。

無料相談を掲げる法律事務所とは一線を画し、価格競争には参加せず、報酬に見合う良質なサービスを提供しています。他の弁護士事務所にできないミッションを達成し、紛争解決に集中してリソースを割くために、相談対象を紛争性がある相続事件に限定しています。
「内容証明が届いた」「対立当事者に弁護士が就いた」「調停・裁判中」「調停・裁判目前」「弁護士を替えることを検討中」など、紛争性が顕在化している方は電話相談(初回15分)・メール相談(1往復のみ)・土日夜間の電話相談(初回15分)で対応します。

相続税を納める必要があり、
かつ遺産分割でもめている方は相談無料

来所ビデオ通話電話・メール・土日夜間
相続税の納税義務があり、
かつ遺産分割でもめている事件
無 料1時間:62,000円税別電話:初回15分
メール:初回1往復
土日夜間:初回15分
無 料
内容証明が届いた事件1時間:12,000円税別
※来所困難な方に限り、
1時間30,000円税別にて
電話相談に応じます。
対立当事者に弁護士が就いた事件
調停・裁判中、調停・裁判目前の事件
弁護士を替えることを検討中の事件
その他、紛争性がある事件
(潜在的なものも含めて)
非対応
税務に関する法律相談1時間:50,000円~税別1時間:100,000円~税別
国際法務・国際税務に関する法律相談1時間:100,000円~税別1時間:150,000円~税別
来所ビデオ通話電話・メール・土日夜間
内容証明が届いた事件1時間:
12,000円(税別)
※来所困難な方に限り、1時間30,000円(税別)にて電話相談に応じます。
電話:初回15分
メール:初回1往復
土日夜間:初回15分
無 料
対立当事者に弁護士が就いた事件
調停・裁判中、調停・裁判目前の事件
弁護士を替えることを検討中の事件
その他、紛争性がある事件
(潜在的なものも含めて)
非対応
税務に関する法律相談1時間:
50,000円~(税別)
国際法務・国際税務に関する法律相談1時間:
100,000円~(税別)
来所予約・お問い合わせ
03-5532-11129:00~19:00 土日祝日除く※お電話又は予約フォームにて法律相談のご予約をお取り下さい。
※小さなお子様の同伴はご遠慮ください。