sozoku.com遺産相続の弁護士・税理士相談

相続Q&A 遺産相続の弁護士・税理士相談はお任せ下さい|sozoku.com

    [CATEGORY]:相続Q&A
  •  [TAG]:

Q33.遺言を書かせたいのだが[POSTED]:2019-11-25

遺言者本人が自らの意志で書く遺言などほぼない。同居の長男パターン。相続税などを口実に説得するケース。公正証書の方が書かせやすかったが、自筆証書遺言も改正により利用しやすく。

親に遺言を書かせたいのだがという相談は多い

もちろん、他人の財産を処分する遺言は無効なので、最終的に遺言作成者本人の意向を確認することになる。
ところが会ってみると、本人はあまり自分の強い意向がないようである。
本人が明確に反対しているわけでもない。
かといって、本人がぜひその意向で進めたいというわけでもない。
実態は長男がイニシアティブをとっているケースは多い。

最終的に本人の意向に基づくと判断できなければ業務として受任することはないが、その判断は専門家によって異なる。
最終的に本人の追認的同意があったということであれば、受任する専門家が多いのではないか。
代筆や代印が日常的に認められている法律の世界では、意思確認がしっかりとできている限り、実質的な意思決定を他人が関与していても、本人の最終的な同意がある限り、違和感がないことも多い。

公正証書遺言の作成現場の実情は、遺言作成者本人が関与せずにことが進み、最終的に遺言作成者の追認をもらう運用がまかり通っている。
なかには、遺言作成当日まで、公証人が出張に来て遺言作成をすることを遺言作成者が全く承知していないケースもある。
書かされた遺言は相続発生後に問題になることもあるが、遺言作成者本人の最終的な署名があれば、他人の関与があるという一事において遺言が無効になるということはない(遺言能力などに問題がない限り)。

実務の現状はこのようになっているが、やはりトラブルを避けるという意味でも理想的には、遺言作成者本人がより積極的に遺言作成に関与すべきである。
それには高齢者が遺言作成の必要性を感じる必要性がある。

本来の目的が遺産分割やモメ対策、遺留分封じであったとしても、相続税対策の必要性を前面に押し出した場合、高齢者も動くことがある。
もめることは自分の家に限ってあるはずはない。
もめたとしても最終的にどの程度困るのかは想定できないので、たいしたことがないと楽観視している。
ところが相続税の課税については、確実にこれだけの金額がかかると言われば、数字で実感できる。
納税義務も生じる以上、相続税の問題は確実に発生するものである。

もめることはないとタカをくくっていても、多額の相続税がかかってしまうとなると、さすがに高齢者の方も積極的に考え始める。
遺言作成や遺産分割の話はそこまで迅速に対応する必要性を感じず、放置をしがちな方でも、相続税の納税期限は守っていただける。

また遺言というと、もっぱら公正証書遺言が重視されてきた実務の状況も見直されてもよい。
公正証書遺言は遺言作成者本人の関与が薄くても済むうえに、遺言の有効性に関する証明力は高い。
自筆の署名すらも状況によっては不要になる。
遺言作成直前まで知らされずに成り行きで作成されることもある。

反面、自筆証書遺言は徹頭徹尾、自筆で書く必要がある。
面倒だが、まぎれもなく本人が関与して作成されるものである。
自筆証書については法改正で、財産目録に関してワープロ打ちが認められ、法務局で保管できるようになった。
法律面で、自筆証書遺言が利用しやすくなっている。

自筆証書遺言を作成するにあたって、形式面の厳格性についての啓もうが広がれば、コスト的にも公正証書遺言に比べて有利である以上、作成者が増えていくだろう。
今後は自筆証書が注目されていく可能性があるが、公正証書遺言ではないがゆえに遺言無効となるリスクはある。
医療機関による診断書の利用などと併せた自筆証書遺言を積極的に考えていく必要がある。

0

この記事と
関連性の高いページはこちら

遺言の弁護士.com

遺言のことなら『遺言の弁護士.com』

だましうちで遺言を書かせる。財産の不正操作の常とう手段です。遺言無効確認の訴えや、遺留分減殺請求などにより、財産の不正操作と戦います。

ページトップへ戻る
  • 2019-11-25
  • [CATEGORY]: 相続Q&A
  • [TAG]:
  • [AUTHOR]:遺産相続の弁護士・税理士 東京永田町法律事務所

相続Q&A』のその他の記事

Q39.会社を経営しているが注意点は
会社株式を特定の相続人に。承継にあたっては名義株に注意。総会役会議事録未作成や贈与税未納で名義株問題に。 会社を経営されている方の相続は、会社を経営されていない方の相続に比べて、特別な点がある まず相続財産額が大きくなりがちであること。不動産を持っていることも多く、相続財産額を押し上げる。さらに自社株式も評価額が高額になりがちである。 相続財産が高額になると、失敗した時のダメージも大きい。遺産分割でも結果次第によって、経済的な効果が大きくなる。相続税の申告でも相続税の節税…...
2019-12-14 [ 相続Q&A ]
Q38.自筆証書遺言で無効にならないか
無効になるポイント。コスト的に書き直しに便利。専門家による継続的サポート。 自筆証書遺言はあまり勧められていない 無効になるリスクを心配している方もいる。 公正証書遺言がよく利用されるのも、自筆証書遺言では不安であるからなのだろう。 確かに自筆証書遺言は注意が必要なものなので、専門家からするとお勧めしにくい点もある。財産目録についてワープロ打ちが認められるようになったものの、全文自筆というのはハードルが高い。日付も忘れてはいけない。遺言は書き直しが認められていて、複…...
2019-12-11 [ 相続Q&A ]
Q37.遺言作成に当たってまずすべきことは何か
財産の整理。資産組み換え。実際に思いをしたためる作業は最後の最後の最後。遺言作成=相続税シミュレーション。 遺言作成をするに当たって、まずすべき準備は何か 紙とペンを用意することではなく、財産を整理することである。ペンをもって紙に遺言を書く作業は最終的なもので、重要度は低い。書く内容を特定するのが遺言作成の作業である。 遺言を作成するにあたって、一番重要なことは、財産の整理と資産組み換えである。相続税がかかる方にとっては、相続税のシミュレーションをすること。生前にできる相…...
2019-12-07 [ 相続Q&A ]
Q36.遺言執行者を定めるべき理由
執行者を定めておけば既成事実化できる。ひとまず進めてしまうことが可能。 遺言執行者を定める理由は何か 遺言が開示された場合のプロセスを考えると、遺言の存在を始めて知らされた相続人から遺言内容にケチが付き、そもそも遺言が無効なのではないかという疑問が起きる。遺言があるからといって、その遺言がすべての相続人から受け入れられるとは限らない。 遺言執行者を定めていない場合、相続財産の名義変更手続きなどには、すべての相続人の同意がないと進められないことがある。遺言の執行には事実上、…...
2019-12-04 [ 相続Q&A ]
Q35.夫婦で一通の遺言を作成することはできるか
できない。やりがちなので注意。 夫婦で1通の遺言書を作成することはできない ついやりがちになる。仲が良い夫婦であればなおさらである。いっしょに相続対策を考えることが多いし、1次相続で配偶者特例を利用することを考えるのであれば、1次相続2次相続をセットで考える。 いっしょにセットで考えるからこそ、夫婦の遺言も一緒に考える。文案を考えた後に、いざ書き始めるその時に、同じ紙に書いてしまうと、なんと遺言として全体が無効になってしまう。 公正証書遺言の場合は公証人が同じ遺言…...
2019-12-01 [ 相続Q&A ]
ページトップへ戻る
他にはないサービス。無料相談は原則、受け付けません。

無料相談を掲げる法律事務所とは一線を画し、価格競争には参加せず、報酬に見合う良質なサービスを提供しています。他の弁護士事務所にできないミッションを達成し、紛争解決に集中してリソースを割くために、相談対象を紛争性がある相続事件に限定しています。
「内容証明が届いた」「対立当事者に弁護士が就いた」「調停・裁判中」「調停・裁判目前」「弁護士を替えることを検討中」など、紛争性が顕在化している方は電話相談(初回15分)・メール相談(1往復のみ)・土日夜間の電話相談(初回15分)で対応します。

相続税を納める必要があり、
かつ遺産分割でもめている方は相談無料

来所ビデオ通話電話・メール・土日夜間
相続税の納税義務があり、
かつ遺産分割でもめている事件
無 料1時間:62,000円税別電話:初回15分
メール:初回1往復
土日夜間:初回15分
無 料
内容証明が届いた事件1時間:12,000円税別
※来所困難な方に限り、
1時間30,000円税別にて
電話相談に応じます。
対立当事者に弁護士が就いた事件
調停・裁判中、調停・裁判目前の事件
弁護士を替えることを検討中の事件
その他、紛争性がある事件
(潜在的なものも含めて)
非対応
税務に関する法律相談1時間:50,000円~税別1時間:100,000円~税別
国際法務・国際税務に関する法律相談1時間:100,000円~税別1時間:150,000円~税別
来所ビデオ通話電話・メール・土日夜間
内容証明が届いた事件1時間:
12,000円(税別)
※来所困難な方に限り、1時間30,000円(税別)にて電話相談に応じます。
電話:初回15分
メール:初回1往復
土日夜間:初回15分
無 料
対立当事者に弁護士が就いた事件
調停・裁判中、調停・裁判目前の事件
弁護士を替えることを検討中の事件
その他、紛争性がある事件
(潜在的なものも含めて)
非対応
税務に関する法律相談1時間:
50,000円~(税別)
国際法務・国際税務に関する法律相談1時間:
100,000円~(税別)
来所予約・お問い合わせ
03-5532-11129:00~19:00 土日祝日除く※お電話又は予約フォームにて法律相談のご予約をお取り下さい。
※小さなお子様の同伴はご遠慮ください。