sozoku.com相続専門の弁護士・税理士による
ワンストップサービス

貸家建付地タグアーカイブ  [7件] 遺産相続の弁護士・税理士相談はお任せ下さい|sozoku.com

【賃貸マンションに建て替えて、相続税を圧縮】相続税において土地の評価額を下げる方法
不動産相続における節税ポイントは、土地の評価額を下げることです。自宅不動産を建て替えて、賃貸マンションやアパートにすれば土地の評価額を下げることができます。土地(自用地)の評価額が1億5000万円の場合を考えてみましょう。貸付建付地の評価額は「自用地(自ら所有し自ら使用している土地)の評価額」-「自用地の評価額×借地権割合×借家権割合×賃貸割合」これに当てはめてみると「1億5000万円(自用地の評...
2019-07-19 [相続弁護士の最前線]
【小規模宅地等の特例を適用するためには工夫が必要】相続税において駐車場が小規模宅地等の特例の適用を受けるには
不動産相続における「貸付事業」とは 小規模宅地等の特例の対象になる宅地には、居住用宅地と事業用宅地の2種類があります。いずれも相続開始の直前において、被相続人(または被相続人と生計を一つにしていた親族)が居住用または事業用に使っていた宅地が対象になります。事業用宅地はさらに、貸付事業以外の事業用の宅地と貸付事業用の宅地に分かれます。ここでいう「貸付事業」には、「不動産貸付業」、「駐車場業」、「自...
2019-05-26 [相続弁護士の最前線]
【自用地と評価されてしまう可能性も】親子間の使用貸借は相続税申告において貸家建付地にならない!? 
不動産相続で問題となりやすい使用貸借 一般に、他人の土地を借りて建物を建てる場合、「地代」を土地の所有者に支払います。地代は土地の使用者が所有者に支払う利用料のようなものです。地代を払った人は、「借地人」になり、「借地権」という権利を得ます。しかし、親子兄弟間などで土地の貸し借りをする場合には、地代を払わないことがよくあります。親の土地に子供がアパートを建てているケースでも、子供から地代を取り立...
2019-05-12 [相続弁護士の最前線]
【小規模宅地等の特例の適用の可否にもかかわる重要な制度】家賃保証制度
相続税対策でも重要となる家賃保証制度 家賃保証制度とは管理会社に入居者の管理を委託する契約のことです。大手のハウスメーカーなどが行っている家賃保証制度は主に「サブリース(一括借り上げ)」と呼ばれるもので、大家(オーナー)から一括して部屋を借り上げて、個別の部屋を第三者に転貸することで家賃を保証する制度です(家賃収入が保障家賃額を下回った場合に、差額を給付金として支払う「空室保障」という制度もあり...
2019-05-10 [相続弁護士の最前線]
【有効な相続税対策のためには目利きが必要】相続税対策としてのアパート経営の落とし穴
立地と賃料設定が相続税対策のポイント 賃貸マンション、アパート経営は節税の王道といわれますが、落とし穴もあるのです。最大の懸念は「空き室」が出ること。賃料収入で収益を上げる賃貸不動産の場合、空き室が出るほど収入が減ります。入居者がなかなか埋まらずに空室期間が長引いて、借入金の返済に苦しむのはよくあることです。最悪の場合、不動産を差し押さえられて、競売にかけられてしまうケースだってあります。空き室...
2019-05-06 [相続弁護士の最前線]
【不動産の相続税評価額を下げる有効な方法】相続税対策としての収益不動産への資産組み替え
相続税対策として有効な収益不動産 安定した家賃収入が見込めるアパートは収益性の高い優良資産といえますが、相続税対策としても収益不動産は有効です。アパートのような賃貸不動産が建っている土地は『貸家建付地』といって、相続税の評価額を下げることができます。不動産の場合、土地の相続税評価額は公示価格(取引価格)の約8割。現金で資産を持っているより、不動産で持っているほうが節税になります。 それがアパート...
2019-05-02 [相続弁護士の最前線]
【収益不動産の相続においては効果を発揮】不動産相続でも相続時精算課税制度を活用
収益不動産の相続における節税対策 アパートやマンションなど、収益を生み出す不動産を相続時精算課税制度で贈与するのも有効な節税策です。贈与後、アパートやマンションの賃料収入などの収益は、受贈者のものになり、相続財産から外すことができます。父親が賃貸マンションを経営していたとして、相続時精算課税制度を活用して娘にマンションを贈与すれば、贈与後の賃料収入は娘のものになります。賃料収入が年1000万円と...
2019-04-02 [相続弁護士の最前線]
ページトップへ戻る
他にはないサービス。無料相談は原則、受け付けません。

無料相談を掲げる法律事務所とは一線を画し、価格競争には参加せず、報酬に見合う良質なサービスを提供しています。他の弁護士事務所にできないミッションを達成し、紛争解決に集中してリソースを割くために、相談対象を紛争性がある相続事件に限定しています。
「内容証明が届いた」「対立当事者に弁護士が就いた」「調停・裁判中」「調停・裁判目前」「弁護士を替えることを検討中」など、紛争性が顕在化している方は電話相談(初回15分)・メール相談(1往復のみ)・土日夜間の電話相談(初回15分)で対応します。

相続税を納める必要があり、
かつ遺産分割でもめている方は相談無料

来所ビデオ通話電話・メール・土日夜間
相続税の納税義務があり、
かつ遺産分割でもめている事件
無 料1時間:62,000円税別電話:初回15分
メール:初回1往復
土日夜間:初回15分
無 料
内容証明が届いた事件1時間:12,000円税別
※来所困難な方に限り、
1時間30,000円税別にて
電話相談に応じます。
対立当事者に弁護士が就いた事件
調停・裁判中、調停・裁判目前の事件
弁護士を替えることを検討中の事件
その他、紛争性がある事件
(潜在的なものも含めて)
非対応
税務に関する法律相談1時間:50,000円~税別1時間:100,000円~税別
国際法務・国際税務に関する法律相談1時間:100,000円~税別1時間:150,000円~税別
来所ビデオ通話電話・メール・土日夜間
内容証明が届いた事件1時間:
12,000円(税別)
※来所困難な方に限り、1時間30,000円(税別)にて電話相談に応じます。
電話:初回15分
メール:初回1往復
土日夜間:初回15分
無 料
対立当事者に弁護士が就いた事件
調停・裁判中、調停・裁判目前の事件
弁護士を替えることを検討中の事件
その他、紛争性がある事件
(潜在的なものも含めて)
非対応
税務に関する法律相談1時間:
50,000円~(税別)
国際法務・国際税務に関する法律相談1時間:
100,000円~(税別)
来所予約・お問い合わせ
03-5532-11129:00~19:00 土日祝日除く※お電話又は予約フォームにて法律相談のご予約をお取り下さい。
※小さなお子様の同伴はご遠慮ください。