不動産相続の弁護士相続専門の弁護士・税理士による
ワンストップサービス

相続財産かどうかでモメる不動産相続の弁護士

相続財産かどうかでモメる相続財産かどうかでモメる

どのような財産を相続するのか

相続財産とは、相続開始時(被相続人の死亡時)に被相続人が所有している財産をいいます。
現金・預貯金、有価証券、土地や家屋の不動産、貸付金・売掛金などのほか、借金などのマイナスの財産も相続財産に含まれます。さらに、具体的な権利義務に限らず、被相続人の財産的な法律上の地位(一身専属的な権利は除く)、例えば損害賠償請求権なども引き継ぐ財産に含まれます。

では、被相続人が所有している財産をどのように調べるのでしょうか。
たとえば不動産の場合は、不動産登記によって、土地の所在地や面積など不動産の状況及びその所有者の住所氏名、担保権の有無・内容などを公開しているので、該当する不動産が被相続人の所有かどうかすぐに分かります。預貯金につきましても被相続人名義の口座であれば、被相続人の財産であることは明らかでしょう。
このように、ものに名前がついていれば、簡単に誰のものか判断ができますが、しかし、名前が付いていない場合、自分のものだと言って取り合いになることがあります。たとえば、家に置いてある現金(タンス預金)など。お金自体には名前がついていないので、誰のものか分からなくなる場合もあるでしょう。自分のものであっても自分が拠出した事実を明らかにできなければ争いになります。

名前がついている場合であっても、争いが生じる場合があります。
被相続人の名前がついていても相続財産ではない場合、一方違う名前がついていても相続財産になる場合があります。

不動産相続・名義と実態のズレ1

マンションの名義は父なのですが実際には長男がお金を出して購入していたということがあります。父が亡くなった場合に、そのマンションを相続財産としてほかの兄弟が相続分を主張してきたらどうでしょうか。不動産登記の名義は父(被相続人)なので、当然に相続財産になるのでしょうか。
逆に、息子名義の一戸建て。実際にお金を出したのは父親であるということもあります。父が亡くなった場合に、登記の名義が長男になっているため、他の相続人はその相続分を主張できないのでしょうか。
法律では、形式的な名義よりも、お金を実際に出した人が所有者であると考えます。
ただし、上記のいずれの場合も実際にお金を出した人がお金を出した事実を証明できないと、そのまま名義人の所有のモノとされます。

家族の間でお金のやり取りはよくあることです。しかし貸し借りの際にわざわざ証文をとるケースはめずらしいでしょう。預金口座に出し入れの履歴が残っている場合であればともかく、お金を実際に出したという証拠を明らかにできないということがほとんどです。証拠がない場合には実質的所有者の証明が難しくなります。結果、名義人の財産と認定されてしまうのです。

上記後者の例で、もしもお金を全額父親が出していたということになれば、不動産は父の相続財産になります。あるいは、父が頭金程度の金額を出していたということになれば、特別受益の問題になり得るでしょう。
このような問題が生じると、遺産分割の前に、まずは遺産の確定を行う必要があります。話し合いで折り合いがつかなければ、裁判によって解決することになりますので、遺産分割に時間がかかることになります。

不動産相続・名義と実態のズレ2

遺産分割の結果不動産を相続した場合、不動産の名義変更のための登記を行います。これを相続登記といいます。しかし遺産分割が済んでいても、不動産登記を忘れていたり、面倒だからといって後回しにしているケースは多くあります。所有者が変更になっているにもかかわらず、名義書換えがなされていない不動産が多くあるのです。

相続財産の中にこのような不動産がある場合も大きな問題になるケースが多いです。
相続登記をせずに何代も経過していることは珍しくなく、不動産登記をみて初めて、自宅として使っていた土地が父親名義ではなく、曾祖父名義であることを知ったということも。
このような状態のまま不動産登記を残存させておくと、いろいろな問題を生じます。
登記は実際の来歴を忠実に反映している必要があります。たとえば、曾祖父から祖父、父、そして自分と、登記が巡ってきた場合には、全員の登記が形に表れている必要があります。

相続登記を行うために遺産分割協議書が必要なため、遺産分割が整っていたにもかかわらず、遺産分割協議書が存在しない場合は、歴代の相続人をたどって改めて遺産分割協議書を作成する必要があります。
過去の相続に遡って各相続人関係者から書面を取り直すとなると、一世代で3人の子ども、さらにそれぞれに3人子どもがいたとすれば、3世代さかのぼると27人もの関係者が登場することになってしまいます。その関係者がすでに亡くなっていたとしたら、さらに関係者は増えていきます。
相続登記をしないまま放置していた不動産を相続して、いざ自分の名義に変更しようとしても簡単にできなくなります。

0

この記事と
関連性の高いページはこちら

不動産相続の弁護士.com

不動産相続のことなら『不動産相続の弁護士.com』

分けられない財産の典型である不動産。不動産の評価について相続人間でモメます。そもそも不動産が相続財産かどうかも問題になります。不動産を独り占めする財産の不正操作と最後まで戦います。

ページトップへ戻る

不動産相続の弁護士 』のその他の記事

知識の解説
不動産相続トラブルのポイントや不動産相続に関する法律用語の解説を紹介しています。 相続における不動産の重要性 弁護士が扱う相続トラブルは、ほぼ100%不動産が関係しています。資産構成や評価の複雑さ、思い入れや賃貸借権、換金性など、相続における不動産特有の問題点について解説します。 1.なぜ相続で不動産が重要なのか 2.相続財産のほとんどが不動産の理由 3.不動産の評…...
2019-08-19 [ 不動産相続の弁護士 ]
5.重要事項説明書の説明
5.重要事項説明書の説明不動産を相続した時の各種手続 宅地建物取引業法では、宅地・建物の売買契約を締結するまでの間に、不動産会社は購入予定者に対して物件と取引について重要事項の説明をしなければならないとされています。重要事項説明は宅地建物取引主任者が宅地建物取引主任者証を見せ、内容を記載した書面を交付した上で、口頭で説明を行います。重要事項説明書の最後には、購入予定者が署名・押印する欄が設けられています。この署名・押印は「確かに説明を受けました」ということを示すにすぎませんの…...
2019-08-19 [ 不動産相続の弁護士 ]
4.不動産売買の仲介手数料
4.不動産売買の仲介手数料不動産を相続した時の各種手続 仲介手数料とは、不動産業者を通して不動産を売買あるいは賃借する場合に、不動産業者に報酬として支払うお金をいいます。媒介手数料もしくは媒介報酬ともいいます。仲介手数料は、売買もしくは賃貸借の成約時に成功報酬として支払うもので、依頼や申込み段階では発生しませんし、契約が無効・取消しとなったときも、不動産業者は請求することはできません。 売買の仲介手数料は宅地建物取引業法で定められており、売買価格が200万円以下の…...
2019-08-19 [ 不動産相続の弁護士 ]
3.不動産業者との媒介契約
3.不動産業者との媒介契約不動産を相続した時の各種手続 遺産分割協議で取得した不動産を売却する、あるいは換価分割で不動産を売却する場合には、不動産業者との媒介契約を締結することになります。媒介契約とは、宅地建物取引業者が、宅地建物の売買や交換の仲介の依頼を受ける際、依頼者との間で締結する契約をいいます。この媒介契約には専属専任媒介契約、専任媒介契約、一般媒介契約の3種類があります。どの形態の契約を選ぶ事が適切かを検討するときの参考にしてみて下さい。 専属専任媒介契…...
2019-08-19 [ 不動産相続の弁護士 ]
2.土地の権利証
2.土地の権利証不動産を相続した時の各種手続 土地の権利証とは、不動産について登記が完了したことを証する登記済証、法務局の印鑑を押した書類をいいます。権利証自体は、登記手続きが終わったことを証するものであり、本来は不動産の所有者が誰かということの証明書ではありません。登記の申請人が登記名義人本人であることを確認するための確認手段の1つにすぎません。ただし、権利証を持っていることが、不動産の所有者としての判断材料のひとつと考えられ、次に売却などで権利を移転したり抵当権を設定し…...
2019-08-19 [ 不動産相続の弁護士 ]
ページトップへ戻る
他にはないサービス。無料相談は原則、受け付けません。

無料相談を掲げる法律事務所とは一線を画し、価格競争には参加せず、報酬に見合う良質なサービスを提供しています。他の弁護士事務所にできないミッションを達成し、紛争解決に集中してリソースを割くために、相談対象を紛争性がある相続事件に限定しています。
「内容証明が届いた」「対立当事者に弁護士が就いた」「調停・裁判中」「調停・裁判目前」「弁護士を替えることを検討中」など、紛争性が顕在化している方は電話相談(初回15分)・メール相談(1往復のみ)・土日夜間の電話相談(初回15分)で対応します。

相続税を納める必要があり、
かつ遺産分割でもめている方は相談無料

来所ビデオ通話電話・メール・土日夜間
相続税の納税義務があり、
かつ遺産分割でもめている事件
無 料1時間:62,000円税別電話:初回15分
メール:初回1往復
土日夜間:初回15分
無 料
内容証明が届いた事件1時間:12,000円税別
※来所困難な方に限り、
1時間30,000円税別にて
電話相談に応じます。
対立当事者に弁護士が就いた事件
調停・裁判中、調停・裁判目前の事件
弁護士を替えることを検討中の事件
その他、紛争性がある事件
(潜在的なものも含めて)
非対応
税務に関する法律相談1時間:50,000円~税別1時間:100,000円~税別
国際法務・国際税務に関する法律相談1時間:100,000円~税別1時間:150,000円~税別
来所ビデオ通話電話・メール・土日夜間
内容証明が届いた事件1時間:
12,000円(税別)
※来所困難な方に限り、1時間30,000円(税別)にて電話相談に応じます。
電話:初回15分
メール:初回1往復
土日夜間:初回15分
無 料
対立当事者に弁護士が就いた事件
調停・裁判中、調停・裁判目前の事件
弁護士を替えることを検討中の事件
その他、紛争性がある事件
(潜在的なものも含めて)
非対応
税務に関する法律相談1時間:
50,000円~(税別)
国際法務・国際税務に関する法律相談1時間:
100,000円~(税別)
来所予約・お問い合わせ
03-5532-11129:00~19:00 土日祝日除く※お電話又は予約フォームにて法律相談のご予約をお取り下さい。
※小さなお子様の同伴はご遠慮ください。