sozoku.com相続専門の弁護士・税理士による
ワンストップサービス

裁判タグアーカイブ  [9件] 遺産相続の弁護士・税理士相談はお任せ下さい|sozoku.com

【裁判官の変更により、勝敗が一変することも】思い通りにはならない相続紛争の難しさ
弁護士を立てた場合、相談者の利益の最大化を図りますので、ある程度納得のいく財産分割が期待できます。もっとも弁護士を立てれば万事上手くいくかといえばそうではありません。スピード解決にも限界はありますし、無理なものは無理と諦めることも必要です。調停は月1回のペースで進みますので、せっかちな依頼者はもだえ苦しみます。弁護士に着手金を払っている上に、自分でも四六時中、相続のことを考えます。インターネットで...
2018-09-03 [相続弁護士の最前線]
【家族関係に苦しむ人への提言】相続にみる毒親毒子問題
弁護士に持ち込まれる遺産分割は、相続でもめごと問題である。相続財産の分割でありながら、感情が大いに絡む。弁護士として遺産分割に関わると、家族の肖像をみることになる。どの家にも歴史がある。相続は法律の話でもあり、人間ドラマでもあり、そこにやりがいを感じる。家族がもめだしたのはいつ頃からなのか。父親が家族の癌なのではないか。復讐心が強い長男の性格が、この家族を不幸にしている。岡目八目という。激情にから...
2018-04-11 [相続弁護士の最前線]
【コンテンツビジネスにおいて重要な存在】芸能事務所のお家騒動 オフィス北野の場合
タレントのビートたけし氏が独立して新事務所を設立。これを契機に旧所属事務所であるオフィス北野でお家騒動が勃発した。残留するたけし軍団のタレントが森昌行社長を糾弾。たけし独立の原因は社長にあり、社長が秘密裏に、オフィス北野の筆頭株主になり、役員報酬や従業員給与を不相当に高額にした、としている。原則、自由に譲渡できる株式だが、オフィス北野のような非上場会社の場合、定款で譲渡制限が定められていることがほ...
2018-04-03 [相続弁護士の最前線]
「家主と地主」2018年1月号
全国賃貸住宅新聞社「家主と地主」2018年1月号に、弊所代表弁護士 長谷川裕雅の記事が掲載されました。相続にまつわる有名判例を詳しく解説しております。是非ご覧ください。...
2017-12-15 [メディア出演]
誰が相続するの?法定相続人とは
1 法律で決められている相続人(法定相続人)誰が相続するの?法定相続人とは 相続人が誰になるか、その相続人の中で誰がどの程度の優先権があるかについては、民法で規定されています。民法は相続人の範囲を規定していて、これを法定相続人といいますが、相続分についても規定していてこれを法定相続分といいます。 被相続人に配偶者がいる場合は、配偶者はどんな場合でも相続人になります。相続開始時に配偶者であれば、その後再婚しても相続権は失いません。 もっと...
2017-10-24 [相続知識の解説,遺産相続について学ぶ]
相続とは、相続手続きの流れなど
1 相続とは何か相続とは、相続手続きの流れなど 相続とは、被相続人の死亡などをきっかけに、被相続人の財産上の地位を相続人が受け継ぐことです。亡くなって相続される人を被相続人、生きていて相続する人を相続人といいます。相続する財産の対象は様々で、債権や不動産、退職金、電話加入権、生命保険金、預貯金、株式、現金、自動車などです。相続においてはプラスの財産だけではなく、借金のようなマイナスの財産も引き継ぎます。扶養請求権のような一身専属的な権利義務は、引き継がれません。遺言がない状態で...
2017-10-24 [相続知識の解説,遺産相続について学ぶ]
フジテレビ「ユアタイム」
2月28日23:30~放送されましたフジテレビ「ユアタイム」に弊所弁護士 服部 梢がVTR出演いたしました。 刑事事件の判決に関するコメントを致しました。 フジテレビ「ユアタイム」  ...
2017-03-01 [メディア出演]
「日刊ゲンダイ」
「日刊ゲンダイ」9月28日号に弊所弁護士 小野 雄一郎の記事が掲載されました。 刑事事件について解説しております。  ...
2016-09-28 [メディア出演]
朝日新聞 8月26日
朝日新聞 8月26日号に弊所代表 長谷川 裕雅の記事が掲載されました。 「教えて!」コーナーにて相続制度について解説致しました。 是非ご覧ください。 ...
2016-08-26 [メディア出演]
ページトップへ戻る
他にはないサービス。無料相談は原則、受け付けません。

無料相談を掲げる法律事務所とは一線を画し、価格競争には参加せず、報酬に見合う良質なサービスを提供しています。他の弁護士事務所にできないミッションを達成し、紛争解決に集中してリソースを割くために、相談対象を紛争性がある相続事件に限定しています。
「内容証明が届いた」「対立当事者に弁護士が就いた」「調停・裁判中」「調停・裁判目前」「弁護士を替えることを検討中」など、紛争性が顕在化している方は電話相談(初回15分)・メール相談(1往復のみ)・土日夜間の電話相談(初回15分)で対応します。

相続税を納める必要があり、
かつ遺産分割でもめている方は相談無料

来所ビデオ通話電話・メール・土日夜間
相続税の納税義務があり、
かつ遺産分割でもめている事件
無 料1時間:62,000円税別電話:初回15分
メール:初回1往復
土日夜間:初回15分
無 料
内容証明が届いた事件1時間:12,000円税別
※来所困難な方に限り、
1時間30,000円税別にて
電話相談に応じます。
対立当事者に弁護士が就いた事件
調停・裁判中、調停・裁判目前の事件
弁護士を替えることを検討中の事件
その他、紛争性がある事件
(潜在的なものも含めて)
非対応
税務に関する法律相談1時間:50,000円~税別1時間:100,000円~税別
国際法務・国際税務に関する法律相談1時間:100,000円~税別1時間:150,000円~税別
来所ビデオ通話電話・メール・土日夜間
内容証明が届いた事件1時間:
12,000円(税別)
※来所困難な方に限り、1時間30,000円(税別)にて電話相談に応じます。
電話:初回15分
メール:初回1往復
土日夜間:初回15分
無 料
対立当事者に弁護士が就いた事件
調停・裁判中、調停・裁判目前の事件
弁護士を替えることを検討中の事件
その他、紛争性がある事件
(潜在的なものも含めて)
非対応
税務に関する法律相談1時間:
50,000円~(税別)
国際法務・国際税務に関する法律相談1時間:
100,000円~(税別)
来所予約・お問い合わせ
03-5532-11129:00~19:00 土日祝日除く※お電話又は予約フォームにて法律相談のご予約をお取り下さい。
※小さなお子様の同伴はご遠慮ください。