母が住んでいる高額な不動産を事業でお金を必要とする姉が要求。

母が住んでいる高額な不動産を事業でお金を必要とする姉が要求。

49+
[投稿日]: [投稿者]:
[サブカテゴリ]:
母が住んでいる高額な不動産を事業でお金を必要とする姉が要求。

母が住んでいる高額な不動産を事業でお金を必要とする姉が要求。

相談者からの相談内容

父の相続に関する相談です。 先日父が死亡したのですが、父のお葬式の席で姉が法定相続分の取り分を主張してきました。 相続人は母と3姉妹のみです。 相続財産のうち、ほとんどが東京都港区にある実家の家なので、姉が取り分を主張してくるということは家の持分を主張してきているのです。 実家には母が住んでいて、家を売却しなければお金を用意することはできません。 話し合いのなかで、母の相続までは姉妹が相続分を主張しないということでどうかということになりました。 母が生きている間だけ我慢をしてくれればよかったのですが、姉はどうしても今、お金をよこせと言ってきます。 どうやら姉は、美容院の経営がうまくいっていないらしく、お金が必要なようです。 新興宗教への寄付もしているようです。実家を売却すれば3億円にはなるでしょうから、その売却代金を当てにしているのです。 最初は家族だからという理由で姉の理不尽な要求をきいていた母も、今やカンカンです。   自分勝手な姉と交渉することも困難ですし、母は姉の顔をもう見たくないと言っているので弁護士に依頼したいと考えているのですが、 今後どのように対応をしてもらえますか。
49+
弁護士からの
一言アドバイス
「学ぶ」コーナーでまずは勉強 頃合を見計らって弁護士に依頼 状況によって弁護士に依頼 至急弁護士に依頼することが望ましい 今すぐ弁護士に依頼することが望ましい
今すぐ弁護士度
簡単に解決できる見込み やや簡単に解決できる見込み 解決できる見込みあり 解決するのがやや難しい 解決するのが難しい
解決難易度

1次相続においては、残された配偶者(多くは妻)が住み続ける家を確保することが、残された相続人である子供たちの前提になることが通常です。

しかし事前に親子の仲が悪い相続人がいる場合などは、1次相続においても、いわば嫌がらせ的に子供が法定相続分を主張して紛争になることがあります。

このようなケースでは、お金が目的というよりも、住んでいる家から親を追い出すことが子供の目的になっていることもあります。

相続の紛争としては、最終的に相続分が認められて家が共有状態になることが考えられます。自動的に代償分割、すなわちお金を分けてあげるような分け方にはただちになりません。ただし共有者は共有物分割請求を起こすことができるので、結果的には、共有者はお金に変えることができます。

現状住んでいる人間を力ずくで追い出すことが、一応はできてしまいます。

このような事態を避けるためには、事前の対策が必要です。

例えば遺言を書く。最低限の遺留分は別にしても、遺留分を除いた相続財産を全て、鬼っ子的な子供以外に分け与えてしまう。

その遺留分さえも与えたくない場合は、それなりの対策が存在します。

ここがポイント!

相続人間での感情的な争いを封じるためにも、2次相続対策を講じるためにも、遺言作成が重要なポイントとなります。特に分けられない財産である不動産が問題となる場合は要注意です。

[投稿日]: [投稿者]:東京永田町法律事務所

49+

この記事が参考になった方はクリック!

同じカテゴリーの相続相談事例 [カテゴリー:不動産相続編]

2019-08-20[カテゴリー]:
自宅門扉の土地が一部、他人のものだった!【多数の相続人相手の時効主張】
相続に向けての終活をしていて、田舎の一軒家の不動産を売却しようということになりました。 不動産業者にお願いして査定をしてもらったところ、なんと門扉の土地の一部が他人のものであったことが分かりました。 今まで何十年も気づかずに使用していたのですが、買い取って自分のものにしないと売れ…[サブカテゴリー]:
2019-08-20[カテゴリー]:
妹が遺言のあいまいな文言を盾に、約束を守らない。
1年前に父が亡くなりました。 母はすでに他界しており、相続人は私と妹の2人です。   父は遺言を残しており、その遺言には「私の死後、自宅を売った場合には、長女に7割、次女に3割の割合で分配することとします」と書かれていました。 私としては父の意思…[サブカテゴリー]:
S家の事例:家系図参考になった!5
2019-08-20[カテゴリー]:
共同相続人は連絡先も知らない甥たち。相続財産は自宅のみ。
父の相続について相談があります。 母は既に他界していますので、相続人は私と、亡き兄の子ども3人で、合計4人です。 相続財産は、横浜の実家不動産と預貯金6000万円です。 私は実家で父と同居していたのですが、父は晩年、腰を痛めて日常生活を送るのも不自由するようにな…[サブカテゴリー]:
O家の事例:家系図参考になった!2
2019-08-20[カテゴリー]:
【私道部分が相続できない!】遺産分割協議書の相続財産目録から漏れた不動産
遺産分割で長い間もめていたにもかかわらず、先日やっと遺産分割協議がまとまりました。 安心していたのですが、不動産の登記をしようとしたときに大きな問題が見つかりました。 なんと遺産分割協議書で記載していた財産目録のうち、不動産について私道部分の漏れていたのです。 このまま相続登記を…[サブカテゴリー]:
2019-08-20[カテゴリー]:
共有持ち分の買取を請求する相続人。不動産の評価でもめている。
両親が残してくれた不動産について兄弟でもめています。 父は17年前に亡くなりました。 その際の相続では、父の遺産である鎌倉の実家家屋を母が相続し、実家土地を兄と私の2人で相続しました。 自宅土地は兄と私が2分の1ずつ共有ということになりました。 父の死後、…[サブカテゴリー]:
I家の事例:家系図参考になった!13

参考にしたい相続関連記事

2019-07-08
【1年以上?】遺産分割調停がまとまるまでの時間
遺産分割調停がまとまるまでの時間 遺産分割調停は一般に時間がかかるといわれている。一年以上かかるといわれているし、統計上は間違いない。遺産分割調停を申し立てることを躊躇する原因の1つは、時…
2019-08-19
第三者事業承継(M&A)
経営者の方にとって事業承継は、何度も経験するものではありませんので、悩みや不安があって当たり前です。ましてや、事業承継は、税務と法務に跨り複雑であるため、何が最適な事業承継プランな…
2018-08-30
【有効な相続税対策のためには遺産分割問題の解決が必要】相続人全員に関係し相続税の…
相続税の改正後でも相続税の納税義務が課される人はせいぜい100人中8人程度。大多数の方には、依然として無関係ともいえます。それでも相続税に関心が傾く理由は何でしょうか。おそらくそこには、相続…
2018-09-07
【本当に相続人?本当に自分の子?】相続とDNA鑑定
赤ちゃん取り違え事件のきっかけは遺産相続トラブル 墨田区の赤ちゃん取り違え事件の裁判はもともと、Bさんと弟らとの遺産相続トラブルが発端となったそうです。母親の死亡時に長男として財産を相続し…
2017-11-17
6章 遺言書作成&相続税対策を弁護士に相談
モメる遺産相続の防ぎ方6章 遺言書作成&相続税対策を弁護士に相談 遺産相続における遺産分割は身近な問題です。 家族関係が話に絡むので、自分の問題に置き換えて考える…
2019-08-19
1.なぜ相続で不動産が重要なのか
1.なぜ相続で不動産が重要なのか相続における不動産の重要性 大部分が不動産 夢のマイホーム。人生で一番高い買い物と言われる不動産。何千万円もする買い物ですし、一…
ページトップへ

カテゴリ別 相続相談一覧これまで弁護士に寄せられたカテゴリ別相続問題

遺 言
遺言無効を争う
遺留分を争う
  • 遺言無効
    確認訴訟
  • 遺留分
    減殺請求
  • 遺言執行者
    解任
だましうちで遺言を書かせる。財産の不正操作の常とう手段です。遺言無効確認の訴えや、遺留分減殺請求などにより、財産の不正操作と戦います。
遺産分割
財産の不正操作に
要注意!
  • 預金の
    無断引出
  • 名義の
    無断書換
預金を勝手に引き出したり、不動産の名義を勝手に書き換える。財産の不正操作と徹底的に戦う覚悟がある方のお力になります。
不動産相続
評価や分け方で
モメる不動産相続
  • 評 価
    トラブル
  • 分 割
    トラブル
  • 不動産の
    不正操作
分けられない財産の典型である不動産。不動産の評価について相続人間でモメます。そもそも不動産が相続財産かどうかも問題になります。不動産を独り占めする財産の不正操作と最後まで戦います。
事業承継
同族会社の
内部紛争に勝つ!
  • 取締役の
    不正追及
  • 株主総会
    の形骸化
同族会社の内部紛争や支配権争いでお悩みの方のお手伝いをします。事業を営む方の相続問題は通常の相続以上に複雑です。会社の支配権を勝ちとり、事業を守り抜きます。
国際相続
国外財産があると
どうなるの?
  • 海外財産
  • 海外在住
  • 国際結婚
相続財産が海外にある場合、手続きが複雑になります。国内財産の分け方も絡む紛争を総合的に解決します。
相続税
節税対策の
ポイントを知りたい
  • 税務調査
  • 税務訴訟
  • 相続税の
    還付
生前にどれだけ詳細にシミュレーションすることができたかで、相続税対策は決まります。遺言内容にも影響しますので、多方面からの検討をする意味でも弁護士兼税理士にお任せ下さい。