sozoku.com遺産相続の弁護士・税理士相談

ブログ・相続最前線 遺産相続の弁護士・税理士相談はお任せ下さい|sozoku.com

遺産分割で漏れた財産【遺産分割協議書の書き方に注意】[POSTED]:2019-07-30

遺産分割で漏れた財産【遺産分割協議書の書き方に注意】

遺産分割で漏れた相続財産

長かった遺産分割協議もようやく決着がついて、遺産分割協議書が出来上がった。
安堵の気持ちから安心していると足元をすくわれかねないことになる。
遺産分割における財産目録に記載されていない相続財産がのちに見つかることがあるからだ。
遺産分割調停にかかってしまうと1年以上も解決に時間がかかるが、
その時間をかけてもすべてが解決していないことになる。
遺産分割協議で一部の相続財産が漏れた場合は結局、漏れた部分について遺産分割協議をやり直すことになる。

遺産分割協議で漏れるのは主に不動産だが預金も漏れる

遺産分割協議書や遺産分割調停の調停調書から漏れてしまう相続財産は多くの場合、不動産である。
不動産のような大きな財産的価値を持つ相続財産が漏れるはずがない。
被相続人がどこにどの不動産を持っているかを把握していないということはありえない。
そう思うかもしれないが、実際に不動産はよく遺産分割協議書から漏れる。
この不動産と認識されている、利用されている不動産が丸々漏れることは珍しいが、
不動産全体ではなく、不動産の一部が漏れることがよくある。
私道部分であったりマンションの敷地の一部であったり。
私道部分については筆が別になっていることもあり、相続財産目録から漏れやすい。
古いマンションの場合は敷地の権利が複雑になっている。
中には敷地権として一体化していなくてもマンションの管理組合で隣地を買い取った場合に区分所有者の共有にしているものもある。
土地の複雑な来歴が相続財産からの漏れを誘発している。
税理士も弁護士も相続人も、存在を認識していなかった相続財産である。
また預金も把握していないものが発覚して漏れることがある。

改めて遺産分割協議になることも

相続財産目録から漏れていると、遺産分割協議で決着しないので漏れている相続財産について改めての遺産分割協議をすることになる。
長くかかった相続や遺産分割協議では、相続人間の感情的な対立が深刻化していることもあり、改めての遺産分割協議になりやすい。
私道部分やマンションの敷地の一部については、私道を利用する不動産やマンションを相続した相続人でなければ特に必要としない相続財産である。
にも拘らず、任意での遺産分割協議に応じないのは嫌がらせとしか言いようがない。
しかし遺産分割協議後も相続税申告などで協力をしないなどの事情があれば、感情的な対立が深化してしまう。
それぞれの相続人に事情があることもある。

不動産の漏れなどその余の財産の帰属で解決できないことも

遺産分割協議書ではよく、新たな財産が見つかった場合は特定の相続人が相続する旨の条項を設けることがある。
さらっと流されて問題にされないのであればよいのだが、もめにもめた相続人同士の遺産分割協議の場合、新たに相続財産が見つかった場合に特定の相続人が独り占めする旨の遺産分割協議が成立しにくい。
相続財産をもらえないことになる相続人が、隠し財産があるのではないかといぶかしがるからである。
またこの条項があるために、私道部分やマンションの敷地が、不動産を相続しなかった相続人が相続することになったら、不動産の共有問題が新たに勃発する。
相続財産目録を作成する場合はよくよく注意して、相続財産目録から漏れないように注意が必要である。
遺言を作成する際にも注意が必要で、私道部分を相続財産目録から書き漏らしてしまうことはよくあるので注意したい。

0

この記事と
関連性の高いページはこちら

遺言の弁護士.com

遺言のことなら『遺言の弁護士.com』

だましうちで遺言を書かせる。財産の不正操作の常とう手段です。遺言無効確認の訴えや、遺留分減殺請求などにより、財産の不正操作と戦います。

遺産分割の弁護士.com

遺産分割のことなら『遺産分割の弁護士.com』

預金を勝手に引き出したり、不動産の名義を勝手に書き換える。財産の不正操作と徹底的に戦う覚悟がある方のお力になります。

不動産相続の弁護士.com

不動産相続のことなら『不動産相続の弁護士.com』

分けられない財産の典型である不動産。不動産の評価について相続人間でモメます。そもそも不動産が相続財産かどうかも問題になります。不動産を独り占めする財産の不正操作と最後まで戦います。

相続税の税理士.com

相続税のことなら『相続税の税理士.com』

生前にどれだけ詳細にシミュレーションすることができたかで、相続税対策は決まります。遺言内容にも影響しますので、多方面からの検討をする意味でも弁護士兼税理士にお任せ下さい。

ページトップへ戻る

ブログ・相続最前線 』のその他の記事

相続・遺産分割で金融資産の換価に時間がかかるわけ【銀行編】
相続開始により債務は法定相続分の限度でしか各相続人に請求できない 債務者が亡くなって相続が開始した。そのこと自体は全くコントロールできないのだが、どの相続人に対して何を請求できるのかを銀行は問題にする。一般論として、相続が発生した場合、債権者は各相続人に対して法定相続分の限度でしか請求できない。各相続人が十分な資力を持っていれば問題なく債権回収できる。しかし各相続人の資力によっては、債権者が完全…...
2019-10-29 [ 相続弁護士の最前線 ]
相続・遺産分割で金融資産の換価に時間がかかるわけ【証券会社編】
銀行口座のみが相続財産である場合はあるが、証券会社の証券口座に入っている株式のみが相続財産である場合はあまりない。同時に進めることが多い証券会社と銀行口座の口座解約。できれば証券会社の口座解約から先に進めたい。遺言執行にせよ、遺産分割にせよ、銀行口座よりも証券口座の手続を先行させておいた方がよい。  銀行口座よりも証券会社を先にしないとダメ 証券会社の場合、被相続人の口座のままだと株式の売却が…...
2019-10-29 [ 相続弁護士の最前線 ]
【不動産の遺産分割で悩む相続人の方へ】換価分割か代償分割か。譲渡所得税と相続税【遺産分割で少しでも得する方法】
不動産売却益に対する譲渡所得税はバカにならない。 昭和の時代から持ち続けた不動産を売却する場合、売却価格は当時とは比べ物にならないほど高額になっており、譲渡所得税も多大になる。それぞれが相続分を売却する換価分割の場合、住んでいた者に対して認められる控除は、被相続人の面倒を見ていた相続人のみが享受できる。その不動産に実際に居住していた相続人、つまりは被相続人と同居して介護をしていたものなどが対象と…...
2019-10-25 [ 相続弁護士の最前線 ]
【戸建て・譲渡所得税・小規模宅地等の特例】相続・遺産分割で不動産評価が複雑なわけ
不動産が相続財産に含まれていると、遺産分割はもめる。不動産が相続財産に入っているだけで、遺産分割の話し合いは長引く。不動産は相続税対策において節税アイテムとして珍重されるが、なぜ遺産分割になるともめる原因なのか。端的に、不動産の評価が相続人間甲で別れてしまうからなのだが、 遺産分割で不動産評価が相続人間で分かれる事例を紹介する。 解体費用や造成費用、売却先による売却価格(一軒家の場合) マンシ…...
2019-10-21 [ 相続弁護士の最前線 ]
【AI弁護士?】AIで対応できない遺産分割調停【遺産分割調停と弁護士業務】
AI弁護士? AIが進化すると弁護士業務が無くなるといわれている。法律相談のような調べ物は人間がやるよりもデータ分析の要素が強い。AIが人間の業務に取って代わることもあるのかもしれない。ただし、相続における弁護士業務を進めていると、相続業務の特殊性からAI技術とは相容れないこともある。特に遺産分割調停での解決が多いことが、相続の弁護士業務の特殊性。遺産分割では以下の理由でデータ蓄積が起きにくい。…...
2019-10-13 [ 相続弁護士の最前線 ]
ページトップへ戻る
他にはないサービス。無料相談は原則、受け付けません。

無料相談を掲げる法律事務所とは一線を画し、価格競争には参加せず、報酬に見合う良質なサービスを提供しています。他の弁護士事務所にできないミッションを達成し、紛争解決に集中してリソースを割くために、相談対象を紛争性がある相続事件に限定しています。
「内容証明が届いた」「対立当事者に弁護士が就いた」「調停・裁判中」「調停・裁判目前」「弁護士を替えることを検討中」など、紛争性が顕在化している方は電話相談(初回15分)・メール相談(1往復のみ)・土日夜間の電話相談(初回15分)で対応します。

相続税を納める必要があり、
かつ遺産分割でもめている方は相談無料

来所ビデオ通話電話・メール・土日夜間
相続税の納税義務があり、
かつ遺産分割でもめている事件
無 料1時間:62,000円税別電話:初回15分
メール:初回1往復
土日夜間:初回15分
無 料
内容証明が届いた事件1時間:12,000円税別
※来所困難な方に限り、
1時間30,000円税別にて
電話相談に応じます。
対立当事者に弁護士が就いた事件
調停・裁判中、調停・裁判目前の事件
弁護士を替えることを検討中の事件
その他、紛争性がある事件
(潜在的なものも含めて)
非対応
税務に関する法律相談1時間:50,000円~税別1時間:100,000円~税別
国際法務・国際税務に関する法律相談1時間:100,000円~税別1時間:150,000円~税別
来所ビデオ通話電話・メール・土日夜間
内容証明が届いた事件1時間:
12,000円(税別)
※来所困難な方に限り、1時間30,000円(税別)にて電話相談に応じます。
電話:初回15分
メール:初回1往復
土日夜間:初回15分
無 料
対立当事者に弁護士が就いた事件
調停・裁判中、調停・裁判目前の事件
弁護士を替えることを検討中の事件
その他、紛争性がある事件
(潜在的なものも含めて)
非対応
税務に関する法律相談1時間:
50,000円~(税別)
国際法務・国際税務に関する法律相談1時間:
100,000円~(税別)
来所予約・お問い合わせ
03-5532-11129:00~19:00 土日祝日除く※お電話又は予約フォームにて法律相談のご予約をお取り下さい。
※小さなお子様の同伴はご遠慮ください。