sozoku.com遺産相続の弁護士・税理士相談

sozoku.com相続専門の弁護士・税理士による
ワンストップサービス

不動産タグアーカイブ  [82件] 遺産相続の弁護士・税理士相談はお任せ下さい|sozoku.com

【戸建て・譲渡所得税・小規模宅地等の特例】相続・遺産分割で不動産評価が複雑なわけ
不動産が相続財産に含まれていると、遺産分割はもめる。不動産が相続財産に入っているだけで、遺産分割の話し合いは長引く。不動産は相続税対策において節税アイテムとして珍重されるが、なぜ遺産分割になるともめる原因なのか。端的に、不動産の評価が相続人間甲で別れてしまうからなのだが、 遺産分割で不動産評価が相続人間で分かれる事例を紹介する。 解体費用や造成費用、売却先による売却価格(一軒家の場合) マンシ…...
2019-10-21 [ 相続弁護士の最前線 ]
遺産分割で漏れた財産【遺産分割協議書の書き方に注意】
遺産分割で漏れた相続財産 長かった遺産分割協議もようやく決着がついて、遺産分割協議書が出来上がった。安堵の気持ちから安心していると足元をすくわれかねないことになる。遺産分割における財産目録に記載されていない相続財産がのちに見つかることがあるからだ。遺産分割調停にかかってしまうと1年以上も解決に時間がかかるが、その時間をかけてもすべてが解決していないことになる。遺産分割協議で一部の相続財産が漏れた…...
2019-07-30 [ 相続弁護士の最前線 ]
【賃貸マンションに建て替えて、相続税を圧縮】相続税において土地の評価額を下げる方法
不動産相続における節税ポイントは、土地の評価額を下げることです。自宅不動産を建て替えて、賃貸マンションやアパートにすれば土地の評価額を下げることができます。土地(自用地)の評価額が1億5000万円の場合を考えてみましょう。貸付建付地の評価額は「自用地(自ら所有し自ら使用している土地)の評価額」-「自用地の評価額×借地権割合×借家権割合×賃貸割合」これに当てはめてみると「1億5000万円(自用地の評…...
2019-07-19 [ 相続弁護士の最前線 ]
【不動産の評価額が大きく影響】相続税が戻ってくる更正の請求(相続税還付)
土地の評価の仕方は複雑です。いろいろな評価の増減ポイントがあるので、目の付け所次第では土地の評価を大きく下げることも可能です。相続税の申告・納付は「相続開始日から10ケ月以内」という期限が設定されているため、タイムリミットに間に合わせることが優先されがちですが、相続税の申告をした後で専門家などに頼んで相続財産の再評価をしてもらうと思わぬマイナスポイントが見つかることもあり得ます。相続税の申告後、5…...
2019-07-15 [ 相続弁護士の最前線 ]
【特例適用の条件にも注意】不動産譲渡益と不動産譲渡損を相殺して節税する
不動産の譲渡益と譲渡損 大昔に買った自宅不動産や先祖代々受け継いできた土地は、現代と比べてはるかに地価が低いために取得費が安かったり、取得費自体が不明だったりするので、売却すると通常は多額の譲渡益(売却益)が出ます。逆にバブル期のように地価が高かった頃に購入した物件や、地価が下がり続けている物件などは、売却すると譲渡損(売却損)が出てしまうことがあります。譲渡益が生じた場合には3000万円の特別…...
2019-07-11 [ 相続弁護士の最前線 ]
【土地と建物の名義が異なると特別控除が受けられないことに】土地と建物の所有者が違うと特別控除が制限される?
不動産相続では土地と建物の名義が異なると不利に 親の土地に子供が家を建てたり、相続に絡んで名義変更したりするなど、土地と建物の名義人が違うケースがたまにありますが、土地と建物の名義人が違うと、いろいろトラブルの元になることがあります。売却するにしても、他の所有者の許諾が必要になりますので、マイホームの3000万円特別控除などの活用の仕方も難しくなってしまいます。土地の所有者と建物の所有者が異なる…...
2019-07-09 [ 相続弁護士の最前線 ]
【相続された不動産はどうなる?】相続不動産のその後
相続された不動産のその後 相続において不動産は大きな要素になる。相続税対策としても不動産は役立つ一方、不動産が相続財産に含まれているからこそ、遺産分割がもめる原因になる。ただ相続された不動産がその後にどうなるのかについては、あまり語られることがない。相続対策や相続後の遺産分割において、不動産をどうするかについてばかりが話題になるものの、一定の時間軸でみた場合に不動産がどのように処分されていくかの…...
2019-07-06 [ 相続弁護士の最前線 ]
【3種類の媒介契約を理解して、事情に合ったスタイルを検討】不動産媒介契約の種類
不動産売却時に締結する媒介契約 不動産業者に不動産の売却の依頼をする際、「媒介契約」という契約を結ぶ必要があります。媒介契約というのは、宅地建物業者(仲介する不動産業者)が依頼者(売主や買主)に代わって物件の買主や売主を探すときに結ぶ契約のことで、「宅地建物取引業法」という法律によって定められています。 不動産媒介契約の3種類 媒介契約には3つの種類があります。それぞれ簡単に説明しましょう。…...
2019-07-03 [ 相続弁護士の最前線 ]
【「生活の拠点」といえるかどうかがポイント】3000万円控除の特例のメリットを生かす遺産分割の方法は?
特例のメリットを生かすのは遺産分割の方法次第 被相続人の配偶者が亡くなって、2次相続が発生したときのことを考えてみましょう。仮に相続人は3人の子供たちで、最大の相続財産である自宅不動産を売却しようと兄弟で相談して決めた場合はどうなるでしょうか。マイホームを売却するなら、「居住用財産を譲渡した場合の3000万円の控除の特例」が活用できます。この特例の適用が受けられれば家の売却益を圧縮して、譲渡所得…...
2019-07-01 [ 相続弁護士の最前線 ]
【配偶者が不動産を相続した方が有利なケースも】相続税申告期限から3年以内なら、相続財産の取得費加算の特例を適用
自宅不動産を相続した相続人に認められる特例 自宅を相続した家族が、相続税を申告した次の日から3年を経過するまでに自宅を売却すれば、納めた相続税のうち一定額が売却した自宅不動産の取得費として認められる制度があります。この制度を「相続財産を譲渡した場合の取得費の特例」といいます。相続によって取得した土地、建物、株式などの財産を相続税の申告期限(相続開始日から10ケ月以内)の翌日から3年を経過する日ま…...
2019-06-29 [ 相続弁護士の最前線 ]
ページトップへ戻る
他にはないサービス。無料相談は原則、受け付けません。

無料相談を掲げる法律事務所とは一線を画し、価格競争には参加せず、報酬に見合う良質なサービスを提供しています。他の弁護士事務所にできないミッションを達成し、紛争解決に集中してリソースを割くために、相談対象を紛争性がある相続事件に限定しています。
「内容証明が届いた」「対立当事者に弁護士が就いた」「調停・裁判中」「調停・裁判目前」「弁護士を替えることを検討中」など、紛争性が顕在化している方は電話相談(初回15分)・メール相談(1往復のみ)・土日夜間の電話相談(初回15分)で対応します。

相続税を納める必要があり、
かつ遺産分割でもめている方は相談無料

来所ビデオ通話電話・メール・土日夜間
相続税の納税義務があり、
かつ遺産分割でもめている事件
無 料1時間:62,000円税別電話:初回15分
メール:初回1往復
土日夜間:初回15分
無 料
内容証明が届いた事件1時間:12,000円税別
※来所困難な方に限り、
1時間30,000円税別にて
電話相談に応じます。
対立当事者に弁護士が就いた事件
調停・裁判中、調停・裁判目前の事件
弁護士を替えることを検討中の事件
その他、紛争性がある事件
(潜在的なものも含めて)
非対応
税務に関する法律相談1時間:50,000円~税別1時間:100,000円~税別
国際法務・国際税務に関する法律相談1時間:100,000円~税別1時間:150,000円~税別
来所ビデオ通話電話・メール・土日夜間
内容証明が届いた事件1時間:
12,000円(税別)
※来所困難な方に限り、1時間30,000円(税別)にて電話相談に応じます。
電話:初回15分
メール:初回1往復
土日夜間:初回15分
無 料
対立当事者に弁護士が就いた事件
調停・裁判中、調停・裁判目前の事件
弁護士を替えることを検討中の事件
その他、紛争性がある事件
(潜在的なものも含めて)
非対応
税務に関する法律相談1時間:
50,000円~(税別)
国際法務・国際税務に関する法律相談1時間:
100,000円~(税別)
来所予約・お問い合わせ
03-5532-11129:00~19:00 土日祝日除く※お電話又は予約フォームにて法律相談のご予約をお取り下さい。
※小さなお子様の同伴はご遠慮ください。