sozoku.com遺産相続の弁護士・税理士相談

sozoku.com相続専門の弁護士・税理士による
ワンストップサービス

相続税対策タグアーカイブ  [26件] 遺産相続の弁護士・税理士相談はお任せ下さい|sozoku.com

【相続された不動産はどうなる?】相続不動産のその後
相続された不動産のその後 相続において不動産は大きな要素になる。相続税対策としても不動産は役立つ一方、不動産が相続財産に含まれているからこそ、遺産分割がもめる原因になる。ただ相続された不動産がその後にどうなるのかについては、あまり語られることがない。相続対策や相続後の遺産分割において、不動産をどうするかについてばかりが話題になるものの、一定の時間軸でみた場合に不動産がどのように処分されていくかの…...
2019-07-06 [ 相続弁護士の最前線 ]
【相続税を納付すれば終わりというわけではない】相続財産を売却した譲渡所得にかかってくる税金 
相続財産に対して発生する税金は相続税だけではない 土地や建物を売却して得た所得を「譲渡所得」といいます。譲渡所得に対しては給与所得や事業所得といった所得とは別に分離して(分離課税方式)、所得税と住民税が課せられます。相続では、遺産分割などで不動産を売却しなければならない場面もよく出てきます。いくら相続税対策を施して相続税負担を抑えることができても、相続した不動産を売却するときに多くの税金がかかっ…...
2019-06-23 [ 相続弁護士の最前線 ]
【配偶者以外も控除を受けられる可能性がある】相続税の未成年控除その他を忘れずに
相続税申告における未成年者控除 控除といえば配偶者控除を思い浮かべる方が多いと思いますが、その他の控除も忘れずに活用しましょう。相続人が未成年のときは、相続税額から一定の金額を差し引くことができます。これを「未成年者控除」といいます。相続税法では未成年者が成人に達するまでの養育費や教育費を考慮して、未成年に対する税額控除を設けています。未成年者控除の適用を受けるためには、以下の要件をすべて満たす…...
2019-06-17 [ 相続弁護士の最前線 ]
【一人暮らしの老人の場合には注意が必要】老人ホームに入居しても相続税申告において小規模宅地等の特例は適用できる?
相続税対策と老人ホームへの入居 被相続人が老人ホームに入所した場合、自宅は小規模宅地等の特例を受けられるのでしょうか。配偶者や娘と同居している状況で、被相続人が病気や事故で精神や身体に重い障害を抱えたり、認知症を患ったりするなどして特別養護老人ホームに入らざるを得なくなったとしましょう。そのまま被相続人がホームで亡くなったとしても、自宅は特例の適用を受けられます。適用を受けるためには、「被相続人…...
2019-05-30 [ 相続弁護士の最前線 ]
【区分所有登記を忘れずに】事業兼用住宅の相続税節税スキーム
不動産相続において小規模宅地等の特例の適用を検討する際の注意点 たとえば、ビルの最上階に被相続人が居住していて、残りの階を賃貸用マンションとして第三者に貸しているようなケースを考えてみましょう。建物の一部を居住用にして、残りを賃貸用にしている場合でも、かつてはその土地全体を居住用の小規模宅地等とみなして80%の評価減が可能でした。これを利用した相続税対策もよく見られました。それが平成22年の改正…...
2019-05-24 [ 相続弁護士の最前線 ]
【小規模宅地等の特例の適用の可否にもかかわる重要な制度】家賃保証制度
相続税対策でも重要となる家賃保証制度 家賃保証制度とは管理会社に入居者の管理を委託する契約のことです。大手のハウスメーカーなどが行っている家賃保証制度は主に「サブリース(一括借り上げ)」と呼ばれるもので、大家(オーナー)から一括して部屋を借り上げて、個別の部屋を第三者に転貸することで家賃を保証する制度です(家賃収入が保障家賃額を下回った場合に、差額を給付金として支払う「空室保障」という制度もあり…...
2019-05-10 [ 相続弁護士の最前線 ]
【有効な相続税対策のためには目利きが必要】相続税対策としてのアパート経営の落とし穴
立地と賃料設定が相続税対策のポイント 賃貸マンション、アパート経営は節税の王道といわれますが、落とし穴もあるのです。最大の懸念は「空き室」が出ること。賃料収入で収益を上げる賃貸不動産の場合、空き室が出るほど収入が減ります。入居者がなかなか埋まらずに空室期間が長引いて、借入金の返済に苦しむのはよくあることです。最悪の場合、不動産を差し押さえられて、競売にかけられてしまうケースだってあります。空き室…...
2019-05-06 [ 相続弁護士の最前線 ]
【着目すべきは実質利回り】相続税対策で収益不動産を購入して資産運用
相続税対策や資産運用の手段としての収益不動産 収益不動産に資産を組み替えることは、資産運用の手段としてよく用いられています。銀行預金の利回りよりも、賃貸収入で得られる利回りのほうが高ければ、銀行に資産を預けておくよりも、その資産で収益不動産を購入したり、所有している土地に賃貸マンションやアパートを建てて、賃貸したほうが有効な資産活用になるというわけです。不動産投資の世界では高利回りをセールストー…...
2019-05-04 [ 相続弁護士の最前線 ]
【不動産の相続税評価額を下げる有効な方法】相続税対策としての収益不動産への資産組み替え
相続税対策として有効な収益不動産 安定した家賃収入が見込めるアパートは収益性の高い優良資産といえますが、相続税対策としても収益不動産は有効です。アパートのような賃貸不動産が建っている土地は『貸家建付地』といって、相続税の評価額を下げることができます。不動産の場合、土地の相続税評価額は公示価格(取引価格)の約8割。現金で資産を持っているより、不動産で持っているほうが節税になります。 それがアパート…...
2019-05-02 [ 相続弁護士の最前線 ]
【不動産としての資産価値やライフスタイルも検討すべき】タワーマンションは相続税節税効果あるもデメリットも
相続税対策が期待できるタワーマンションを高値掴みする危険性も 一般的に高さ60メートル超、あるいは階数が20階を超える住居用の建築物は「超高層マンション」とか「タワーマンション」と呼ばれています。近年、タワーマンションに資産を組み替える節税法が脚光を浴びていますが、富裕層を中心に相続税対策で購入する人が増えて、相場が高騰しているそうです。新規物件の供給はまだまだ増える傾向にあるので、慌てて飛びつ…...
2019-04-24 [ 相続弁護士の最前線 ]
ページトップへ戻る
他にはないサービス。無料相談は原則、受け付けません。

無料相談を掲げる法律事務所とは一線を画し、価格競争には参加せず、報酬に見合う良質なサービスを提供しています。他の弁護士事務所にできないミッションを達成し、紛争解決に集中してリソースを割くために、相談対象を紛争性がある相続事件に限定しています。
「内容証明が届いた」「対立当事者に弁護士が就いた」「調停・裁判中」「調停・裁判目前」「弁護士を替えることを検討中」など、紛争性が顕在化している方は電話相談(初回15分)・メール相談(1往復のみ)・土日夜間の電話相談(初回15分)で対応します。

相続税を納める必要があり、
かつ遺産分割でもめている方は相談無料

来所ビデオ通話電話・メール・土日夜間
相続税の納税義務があり、
かつ遺産分割でもめている事件
無 料1時間:62,000円税別電話:初回15分
メール:初回1往復
土日夜間:初回15分
無 料
内容証明が届いた事件1時間:12,000円税別
※来所困難な方に限り、
1時間30,000円税別にて
電話相談に応じます。
対立当事者に弁護士が就いた事件
調停・裁判中、調停・裁判目前の事件
弁護士を替えることを検討中の事件
その他、紛争性がある事件
(潜在的なものも含めて)
非対応
税務に関する法律相談1時間:50,000円~税別1時間:100,000円~税別
国際法務・国際税務に関する法律相談1時間:100,000円~税別1時間:150,000円~税別
来所ビデオ通話電話・メール・土日夜間
内容証明が届いた事件1時間:
12,000円(税別)
※来所困難な方に限り、1時間30,000円(税別)にて電話相談に応じます。
電話:初回15分
メール:初回1往復
土日夜間:初回15分
無 料
対立当事者に弁護士が就いた事件
調停・裁判中、調停・裁判目前の事件
弁護士を替えることを検討中の事件
その他、紛争性がある事件
(潜在的なものも含めて)
非対応
税務に関する法律相談1時間:
50,000円~(税別)
国際法務・国際税務に関する法律相談1時間:
100,000円~(税別)
来所予約・お問い合わせ
03-5532-11129:00~19:00 土日祝日除く※お電話又は予約フォームにて法律相談のご予約をお取り下さい。
※小さなお子様の同伴はご遠慮ください。