sozoku.com遺産相続の弁護士・税理士相談

相続Q&A 遺産相続の弁護士・税理士相談はお任せ下さい|sozoku.com

Q44.遺言内容は事前に開示すべきか[POSTED]:2019-12-31

開示すべきではない。後でもめ始めるか。今からもめ始めるかの違い。遺言とはそもそも推定相続人のご機嫌を伺いながら書くものではない。生前の財産はそもそも自由に処分出来るもの。

相続財産が相続発生まで被相続人のものであることは間違いない

どう使おうが。被相続人の自由である。
当たり前のことである。
相続人の相続発生までは、相続財産について一切口を出さない。

よくある相談で、お父さんの浪費が激しい。
相続でいずれ自分の財産になるのであるから、浪費を何とかして辞めさせたい、というものがあるが、方法はない。
お父さんの精神状態に問題があって、後見開始の申し立てができるということであれば別であるが、健全な精神状態であれば、親の財産に対して口を出すことができない。
たとえ推定相続人であるとしても、相続はするまではなんら具体的な権利があるわけではないのだ。

相続発生することを条件に、一種の期待権を持っているということで説明される。
これは当たり前の話で親よりも先に子供が亡くなることもあるわけだから、子供が親の相続に対する具体的な権利を持っていない。

相続が発生するまでは親の財産は親のものである。
子どもというのも口は出せない。
親としては、自分で築き上げた財産である以上、子供に遠慮する必要はない。
自分の財産を生前は自分の意思で自由に処分できる以上、遺言の内容を子供に知らせる必要はないだろう。

遺言内容を子供に知らせる必要がないということは、必要がないと言うことだけではない。
弊害すらあるのだ。

相続コンサルタントがテレビで言っていた。
遺言を事前に作成した上で、遺言内容を家族の場合で堂々と発表するべきであると。
内緒にするのは水臭いし、下手に秘密にするからこそ相続発生後にもめる。
もめないためには相続発生前に、家族で話し合うことが重要である。
家族で話し合う。
そう聞くと、実際に家族でとことん話し合ってみたくなる。
平和な世界に導いてくれる魔法の言葉のようにも聞こえる。

実際にテレビ番組で、コンサルタントの主導で遺言が作成され、家族で話し合いが行われた。
遺言で相続財産を少なくされた推定相続人は、納得がいかないようです。
このようなナレーションでVTRは終わり、皆さんで考えましょうと言わんばかりにコーナーはフェードアウトして終わる。
私が思ったのは、この家族はこの後どうなってしまうのだろうかということである。

おそらくこの家族の間には、相続発生前から争いが起きるのではないか。
裁判になるかならないかはともかくとして、心情的なしこりは残る。
それがマグマのような形でどこかのタイミングで噴出する。
もめごとは弁護士の独占業務であるため、相続コンサルタントは関与できない分野である。
知らないからこそ弁護士以外はもめごとに対して楽観的過ぎるところがある。

遺言を書いたこと自体は公開してもよいだろう。
むしろ公開しておかないと、遺言の存在自体が闇に葬られてしまう。
ところが遺言内容は公開すべきではない。
最後の最後まで、相続発生後まで秘密にしておくべきものであると考える。
納得させるためのメッセージは、遺言の付言事項として書き記しておく。
あくまでも著者の見解であるが、家族間の紛争を多く見ている立場として確信していることである。

なお以上のことは、遺言内容が不平等な分割をしていることを前提としている。
逆に言うと、遺言内容が「みんな仲良く3等分に」などの内容である場合は、もちろん公開しても構わない。
ただしそのような内容の遺言、つまり法定相続分に従って仲良くという内容の遺言であれば、特に遺言を書く必要はない

遺言は不平等な分け方をすることが大前提にあって初めて意味を持つ

法定相続分に従ってという遺言であれば、わざわざ遺言を書く必要もない。
遺言を書いても、どのみち遺産分割協議で話し合わなければならなくなり、被相続人の意向に従ってバッサリ決めるという遺言作成の本来の目的は達成できない。

遺言で不平等な分け方をすることに対して、無慈悲だとか、一方的だとかという躊躇を覚える方も多いかと思う。
ところが相続財産は、そもそも相続発生のその時まで、自分の意志だけで自由に処分ができる財産である。
自分自身が一生をかけて築いた財産なのであるから、遠慮もいらない。
どの財産を誰が承継するのか。
高齢者の方はなかなか決断ができない傾向にあるが、それをきっぱりと決断するのが遺言作成である。

0

この記事と
関連性の高いページはこちら

遺言の弁護士.com

遺言のことなら『遺言の弁護士.com』

だましうちで遺言を書かせる。財産の不正操作の常とう手段です。遺言無効確認の訴えや、遺留分減殺請求などにより、財産の不正操作と戦います。

遺産分割の弁護士.com

遺産分割のことなら『遺産分割の弁護士.com』

預金を勝手に引き出したり、不動産の名義を勝手に書き換える。財産の不正操作と徹底的に戦う覚悟がある方のお力になります。

ページトップへ戻る

相続Q&A』のその他の記事

Q53.遺言無効を主張する相手がなかなか動かない。遺言有効確認訴訟を提起することはできるか。
できるが受付時点で裁判所は難色を示す 遺言無効確認訴訟という言葉は聞いたことがあるだろう。ところが遺言有効確認訴訟という言葉は聞いたことがあるだろうか。 遺言が無効であるとクレームをつけられている状態で、クレームをつけている相続人がなかなか遺言無効確認訴訟を提起しない。そのまま放っておけば良いようにも思えるが、金融機関に対してクレームを申し立てた相続人が連絡をし、事実上預金などが引き下ろせなくなることもある。遺言の内容や湯遺言執行者の指定の有無などにもよるが、そのまま放…...
2020-01-28 [ 相続Q&A ]
Q52.筆跡鑑定は遺言無効確認訴訟において重要なポイントとなるか
筆跡鑑定は意外に軽視傾向。変化するものという認識。 筆跡鑑定が遺言無効確認訴訟においてどの程度役に立つのかということについて質問を受けることがある。その前に筆跡鑑定についての一般的な説明をしたい。 ドラマでは筆跡鑑定をかなり重要視するという話を散見する。刑事事件でも民事事件でも。封筒の臨戦に書かれた筆跡と、脅迫文に書かれた筆跡が一致するかどうか。遺言に書かれた筆跡と、年賀状の筆跡が一致するかどうか。そして筆跡について鑑定人が鑑定結果を出し、その鑑定結果が裁判の行方に決定…...
2020-01-25 [ 相続Q&A ]
Q51.遺留分はどうしたらよい
遺言無効を主張する場合矛盾挙動だが、念のために主張しておく 相手としてもプレッシャーに感じる。 よく遺言無効確認訴訟を提起したいという方については相談を受けることがある。遺言無効確認訴訟に負けてしまった場合にも遺留分を請求したいという相談内容である。ところが 疑問があり、 遺言無効確認訴訟と遺留分減殺請求権は無事にするのではないかというものである。 確かに遺言無効確認訴訟は遺言が無効であることを前提として提起するものである。 これに対して遺留分減殺請求訴訟は遺言が有効…...
2020-01-22 [ 相続Q&A ]
Q50.遺言無効確認の証拠は
診断書・長谷川式スケール・画像診断・公証人の証言 遺言無効確認の裁判をするにあたって証拠が非常に重要となる 証拠がしっかり揃っているのかどうなのかということを一番最初に吟味することになる。 遺言無効確認訴訟申し立てる根拠としては、遺言能力がないと主張することになる。逆にこれ以外の方法は通常はあまりない。遺言能力がないと主張するにはどんな証拠が必要なのか。 遺言能力は法的な概念である。ところがこの法的な概念は目に見えないので厄介だ。遺言能力という概念か直接的に証明で…...
2020-01-19 [ 相続Q&A ]
Q49.遺言無効確認訴訟の勝算は
高難易度だが最近は易化傾向 遺言無効確認訴訟は昔に比べて多く提訴されている傾向がある 遺言が無効になる何パターンかが存在する。大きく分けると、形式的な無効原因と実質的な無効原因がある。 形式的な無効原因については、書いてはいけないことを書いた、書くべきことを書かなかった、というものがある。例えば遺言に日付を書かなかった。何月吉日と書いた。署名を忘れた。記載方法の形式面で遺言が無効になってしまうものである。多くの場合、自筆証書遺言で起きる間違いである。公正証書遺言を利用する…...
2020-01-16 [ 相続Q&A ]
ページトップへ戻る
他にはないサービス。無料相談は原則、受け付けません。

無料相談を掲げる法律事務所とは一線を画し、価格競争には参加せず、報酬に見合う良質なサービスを提供しています。他の弁護士事務所にできないミッションを達成し、紛争解決に集中してリソースを割くために、相談対象を紛争性がある相続事件に限定しています。
「内容証明が届いた」「対立当事者に弁護士が就いた」「調停・裁判中」「調停・裁判目前」「弁護士を替えることを検討中」など、紛争性が顕在化している方は電話相談(初回15分)・メール相談(1往復のみ)・土日夜間の電話相談(初回15分)で対応します。

相続税を納める必要があり、
かつ遺産分割でもめている方は相談無料

来所ビデオ通話電話・メール・土日夜間
相続税の納税義務があり、
かつ遺産分割でもめている事件
無 料1時間:62,000円税別電話:初回15分
メール:初回1往復
土日夜間:初回15分
無 料
内容証明が届いた事件1時間:12,000円税別
※来所困難な方に限り、
1時間30,000円税別にて
電話相談に応じます。
対立当事者に弁護士が就いた事件
調停・裁判中、調停・裁判目前の事件
弁護士を替えることを検討中の事件
その他、紛争性がある事件
(潜在的なものも含めて)
非対応
税務に関する法律相談1時間:50,000円~税別1時間:100,000円~税別
国際法務・国際税務に関する法律相談1時間:100,000円~税別1時間:150,000円~税別
来所ビデオ通話電話・メール・土日夜間
内容証明が届いた事件1時間:
12,000円(税別)
※来所困難な方に限り、1時間30,000円(税別)にて電話相談に応じます。
電話:初回15分
メール:初回1往復
土日夜間:初回15分
無 料
対立当事者に弁護士が就いた事件
調停・裁判中、調停・裁判目前の事件
弁護士を替えることを検討中の事件
その他、紛争性がある事件
(潜在的なものも含めて)
非対応
税務に関する法律相談1時間:
50,000円~(税別)
国際法務・国際税務に関する法律相談1時間:
100,000円~(税別)
来所予約・お問い合わせ
03-5532-11129:00~19:00 土日祝日除く※お電話又は予約フォームにて法律相談のご予約をお取り下さい。
※小さなお子様の同伴はご遠慮ください。